MENU

クレジットカードのおすすめ人気ランキング!今選ばれている最強クレカを比較【2022年最新】

クレジットカードのおすすめ人気ランキング!今選ばれている最強クレカを比較【2021年最新】

クレジットカードにはおすすめできるカードが数多くありますが、どれを選べばいいのか迷っている人も多くいます。

クレジットカードを選ぶ際には、各カードの特徴を知り、自分に合っていのるかを比較するのが大切です。

この記事では厳選したおすすめのクレジットカードを紹介し、年会費やポイントといった特徴から、どのような人に向いているかまで徹底解説。

新しいクレジットカードが欲しい人や、初めてのクレジットカードを選びたい人はぜひ参考にしてください。

目次

クレジットカードのおすすめランキング30選を徹底比較

ここからは特におすすめのクレジットカードの中から、ポイント還元や特典が優秀で、使わないと損するカードをピックアップ。

ランキング形式でわかりやすく紹介していきます。

JCB CARD Wは優待店舗が豊富な人気の定番クレジットカード

JCB CARD Wは優待店舗が豊富な人気の定番クレジットカード

公式サイト https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/w_a/
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0〜10.0%
国際ブランド JCB
発行日数 最短3営業日
電子マネー QUICPay
iD
楽天Edy
nanaco
WAON
交通系IC
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
JCB CARD Wがおすすめな理由は?
  • 基本のポイント還元率1%以上でお得な還元率!
  • 39歳以下限定!年会費無料で発行できるカード
  • Amazonでのポイント倍率が4倍にアップする
  • スターバックスやセブン-イレブンなど優待店舗多数
  • ポイントの交換先が多く好きなように使える

JCB CARD W(JCBカードW)は年会費無料で、39歳以下の人が限定で発行できるクレジットカードです。

JCB CARD Wは、国際ブランドJCBが直接発行する『プロパーカード』と呼ばれる、数少ない種類のカード。

プロパーカードは、特定のカード会社が発行するクレジットカードに比べて、ポイント貯まる店舗や利用先が豊富なのがメリットです。

基本のポイント還元率は1%以上で高還元を受けられる

JCB CARD Wは、ポイント還元率の水準が高いのがメリット。

1,000円の支払いごとに2Oki Dokiポイントが貯まります。
1Oki Dokiポイントは交換先によって、3〜5円ほどの価値になります。

ポイント還元率の高い交換先を選べば、還元率は1%で高いポイント還元を受けられます。

スターバックスやセブン-イレブンといったお店でポイント倍率がアップ

JCB CARD Wは『JCB ORIGINAL SERIES パートナー』と呼ばれる店舗で利用すると、ポイント倍率のアップがあります。

JCB ORIGINAL SERIES パートナーの対象店舗
店舗名 ポイント倍率
スターバックス 10倍
メルカリ 2倍
Amazon 3倍
セブン-イレブン 3倍
ビックカメラ 2倍
ドミノ・ピザ 2倍
出光SS・シェルSS 2倍
ニッポンレンタカー 2倍
成城石井 2倍
木曽路グループ 2倍
洋服の青山 5倍
AOKI 5倍

特にポイント倍率が上がるのがスターバックス。

スターバックスでのポイントは10倍と、他の優待店舗より大きいためお得です。

例えばスターバックスカードへ10,000円分をチャージした場合、Oki Dokiポイント 100ポイントが貯まります。

300〜500円分のポイントが、一気に貯まる計算になります。

三井住友カード(NL)はポイント還元率が高いクレジットカード

三井住友カード(NL)はポイント還元率が高いクレジットカード

公式サイト https://www.smbc-card.com/nyukai/card/numberless.jsp
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5〜2.5%
国際ブランド VISA・MasterCard
発行日数 最短5分
電子マネー iD
楽天Edy
WAON
交通系IC
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
三井住友カード(NL)がおすすめな理由は?
  • 最短5分ですぐにカードが使える
  • ナンバーレスで安全性が高いカード
  • コンビニで最大5%のポイント還元率!
  • 優待サイトを経由でポイントが通常の2〜20倍

三井住友カード(NL)は年会費が永年無料で、カード番号や有効期限などが印字されていない安心安全のクレジットカードです。

カード番号が分からないと不便に思うかもしれませんが、三井住友銀行のアプリを使えばいつでも確認できます。

オンライン決済時といったカード番号が必要なときにも、すぐに確認できるので安心です。

コンビニ3社やマクドナルドの利用でポイント還元率が最大10%

セブン-イレブンやローソン、ファミリーマート、マクドナルドでの支払い時に三井住友カード(NL)を利用すれば、通常ポイント(0.5%)に加え、200円につき2%ポイントが還元されます。

他のポイント還元と組み合わせると、ポイント還元率はさらにアップします。

条件 ポイント倍率
通常ポイント 0.5%ポイント還元
コンビニ3社とマクドナルドでの利用 +2.0%ポイント還元
タッチ決済 +2.5%ポイント還元
家族ポイント 最大+5%ポイント還元

すべての条件を満たせば、「通常ポイント(0.5%)+対象店舗利用(2%)+タッチ決済(2.5%)+家族ポイント(5%)」で最大10%のポイント還元が得られます。

ポイントUPモールを経由すればポイント最大20倍

Vポイントの優待サイトである「ポイントUPモール」を経由してネットショッピングをするだけで、2〜20倍のポイントが貯まります。

対象のネットショップは、楽天やAmazonなどの通販サイトはもちろん、JTBやじゃらんなどの旅行サイトやふるさと納税など、人気のネットショップが勢揃い。

使い方は簡単で、ポイントUPモールから好きなショップにアクセスし、三井住友カードで購入するだけです。

例えばパソコンのセキュリティソフトを扱う『ノートンストア』では、ポイント倍率が+9.5%還元です。

11,000円分の買い物をした場合、貯まるポイントは通常55ポイントですが、ポイントUPモールを経由するとさらに950ポイント貯まるので、合計で1,005ポイントがもらえます。

三井住友カード(NL)を持っていると、新しいパソコンを買った際にセットで必要なセキュリティソフトがお得に購入できます。

三井住友カード ゴールド(NL)は年会費が実質無料になるお得なカード

三井住友カード ゴールド(NL)は年会費が実質無料になるお得なカード

公式サイト https://www.smbc-card.com/nyukai/card/gold-numberless.jsp
年会費 通常:5,500円(税込)
ポイント還元率 0.5~2.5%
国際ブランド VISA・Mastercard
発行日数 最短5分
電子マネー iD
楽天Edy
WAON
交通系IC
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
三井住友カード ゴールド(NL)がおすすめな理由は?
  • 満20歳以上で本人に安定継続収入がある方限定で発行可能
  • 実質年会費無料で使えるゴールドカード!
  • ナンバーレスで安全性が高い
  • 国内の主要空港ラウンジを無料利用できる
  • 最高2,000万円の旅行傷害保険付き

三井住友カード ゴールド(NL)は年会費が実質無料で、満20歳以上で本人に継続収入がある人限定で発行できるクレジットカードです。

年会費を実質無料にするためには、三井住友カード ゴールド(NL)で年間100万円以上の利用をするだけ。

100万円と聞くと多く感じますが、公共料金や携帯料金などの固定費をクレジットカード払いにすれば、達成は難しくありません。

月に8.3万円以上の利用があれば、年間100万円の条件に届きます。

年間の利用額を計算して100万円以上使用している人は、三井住友カード ゴールド(NL)がお得です。

実質年会費無料!毎年100万円の利用で10,000ポイント還元される

三井住友カード ゴールド(NL)は、年間100万円の利用で年会費が無料になるだけでなく、さらに10,000ポイントが付与されます。

例えば加入月が7月の場合、7月1日から翌年の6月30日までの期間に100万円以上の利用が必須です。
利用額が100万円を越えれば、カード加入月の末日までに自動でポイントが付与されます。

ただし年会費やSBI証券、リボ払いなど集計対象外の支払いもあるので注意してください。

家族会員やETCカードiD専用カードなどの、子カード利用分は合算可能です。

国内の空港ラウンジが無料で利用可能

三井住友カード ゴールド(NL)会員であれば、国内主要空港およびハワイのホノルル空港内にあるラウンジを無料で使用できます。

仕事やプライベートで空港をよく利用する人にとっては、お得なサービスです。

空港ラウンジの利用時間とサービス内容は各空港によって異なるので、空港ラウンジサービスを事前にチェックするのがおすすめ。

サービス内容には、ソフトドリンクが無料で飲めたり、マッサージチェアやシャワーの利用ができるラウンジもあるので、ぜひ利用してみてください。

VIASOカードはポイントが自動でキャッシュバックされるから失効の心配ナシ

VIASOカードはポイントが自動でキャッシュバックされるから失効の心配ナシ

公式サイト https://www.cr.mufg.jp/apply/card/m_viaso/index.html
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Mastercard
発行日数 最短翌日
電子マネー QUICPay
楽天Edy
交通系IC
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
VIASOカードがおすすめな理由は?
  • ポイントが自動でキャッシュバック!
  • 最短翌日のスピード発行ですぐ使える
  • 年会費が永年無料で使いやすい
  • VIASOカードの券面のデザインが選べる

VIASOカードは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。

年会費は永年無料のため、年会費を払いたくないという人に最適のクレジットカード。

発行日数は最短翌営業日なので、3日〜1週間程度で手元にカードが届きます。

面倒な手続き不要!ポイントを自動でキャッシュバックできる

クレジットカードのポイント還元制度は嬉しいけど、使い道が限られていて不便と感じてる人は、ポイントを自動でキャッシュバックできるVIASOカードがおすすめ。

VIASOカードは1,000円につき5ポイントが付与され、1ポイント1円で引き落とし口座に振り込まれます。

振り込まれたポイントの使い方は自由なので、普段の買い物や自分へのご褒美などに活用してください。

新規入会で最大10,000円のキャッシュバック

今なら新規入会の3ヶ月後末日までに2つの条件を満たせば、最大で10,000円のキャッシュバックがあります。

10,000円のキャッシュバックを受ける条件は以下の2つ。

まず1つ目が、「会員専用のWEBサービス」へのID登録。
入会後3ヶ月間で15万円以上のショッピングを行うと、8,000円のキャッシュバックを得られます。

次に2つ目の条件は、登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」への登録。
さらに2,000円のキャッシュバックがあり、合計で10,000円のキャッシュバックが得られる仕組みです。

条件を達成すれば、入会した月から6ヶ月後に引き落とし口座へ自動的に入金されます。

キャッシュバックを受ける際も、面倒な手続きは不要です。

エポスカードは持っているだけで色んなお店で優待がある

エポスカードは持っているだけで色んなお店で優待がある

公式サイト https://www.eposcard.co.jp/index.html
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA
発行日数 最短5分
電子マネー QUICPay
楽天Edy
交通系IC
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
エポスカードがおすすめな理由は?
  • 優待店舗が全国10,000以上でおトク!
  • ナンバーレスのシンプルなデザイン
  • コラボレーションカードで好きなデザインのカードが持てる
  • Visaのタッチ決済でスムーズに支払いできる

エポスカードは、年会費永年無料のクレジットカードです。カードは縦長のデザインになっており、裏面にカード番号や名前が記載されているシンプルなカード。

さらに追加料金不要で、コラボレーションカードの発行が可能です。

コラボレーションカードを発行すれば、好きなアニメのイラストが描かれたクレジットカードが手に入ります。

使用頻度の高いクレジットカードが自分の好きなキャラクターが描かれているだけで、使うたびに気分が上がるでしょう。

タッチ決済であんしん&スピーディーな支払いが可能

エポスカードは、タッチ決済可能で安心かつスピーディーに支払いができます。

クレジットカードでの決済は、カード認証や暗証番号の入力など意外と時間がかかります。しかしタッチ決済であれば、「VISAのタッチ決済で」と伝えて、端末にかざすだけで決済が可能。

急いでいるときはもちろん、たくさんの荷物や小さな子どもを抱えたお母さんも片手で簡単に決済ができるのでおすすめです。

ただし、VISAのタッチ決済可能なマークがあるところでしか使えませんので、ご注意ください。

エポスカードは持っているだけで買い物がお得になる

エポスカードを持っていれば、飲食店やアミューズメント施設など全国約10,000店舗で、割引やポイントアップ、特典などが得られます。

お得に買い物するためには条件が必須ですが、中には提示するだけでサービスを得られるお店もあるので、持っていて損はありません。

さらにマルイが独自で行っている「マルオとマルコの7日間」のセールが年4回開催されます。
エポスカード会員であれば、会計時にさらに10%OFFでお買い物ができます。

セール期間中であれば何度でも適応されるので、マルイの店舗やネット通販で買い物をする人は、エポスカードがおすすめです。

三菱UFJカードは使えば使うほどポイント還元率がアップする

三菱UFJカードは使えば使うほどポイント還元率がアップする

公式サイト https://www.cr.mufg.jp/apply/card/mucard/index.html
年会費 初年度無料
ポイント還元率 0.4%
国際ブランド MasterCard・VISA・JCB・​​American Express
発行日数 最短翌営業日
電子マネー
スマホ決済 Apple Pay
QUICPay
※VISA・MasterCard限定
三菱UFJカードがおすすめな理由は?
  • セキュリティーに配慮したシンプルなデザイン
  • 年1回のカード利用で年会費が無料になる
  • 使うほどにポイント還元率UP!
  • 不正被害を全額補償してくれるので安心
  • タッチ決済でお会計がスムーズ(VISA・MasterCardのみ)

三菱UFJカードの年会費は初年度無料で、2年目以降は通常1,375円(税込)が必要ですが、年1回だけでもカードの利用があれば翌年の年会費が無料になります。

学生の場合は、在学中はカード利用がなくても年会費が無料です。

さらに国際ブランドは、国内で使える主要ブランド4社すべてから選択可能。

現在持っているカードと違うブランドを選べるので、サブカードとしても使いやすいです。

使うほどお得!ポイント還元率がアップ

三菱UFJカードは、たくさん利用すればするほどポイント還元率がアップします。

基本のポイント還元率が0.4%と低い傾向にありますが、利用額に応じてポイント還元率が上がっていくので、使うたびにお得に買い物が可能です。

例えば三菱UFJカードを利用して、月3万円以上使うとポイントが1.2倍。さらに月10万円以上の利用で1.5倍に上がるので、たくさん使うほどポイントが貯まりやすくなります。

※2022年4月請求分付与より、ポイントプログラムの優待サービスが一部変更になります。詳しくはこちら

万が一の場合にもサポートが充実しているので安心

三菱UFJカードは24時間365日モニタリングを行っており、万が一の時にもサポートが充実しています。

通常、不正利用に気付くのは、クレジットカードの請求が来たとき。

この段階でカード会社に連絡をすれば返金手続きが行えるのですが、手続きに時間がかかる場合があり、少し面倒です。

三菱UFJカードであれば不正利用に気づいた段階でカード会員への連絡と返金手続きを行ってくれるため、安心して利用できます。

JCB一般カードは40代向けのフォーマルなクレジットカード

JCB一般カードは40代向けのフォーマルなクレジットカード

公式サイト https://www.jcb.co.jp/
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド JCB
発行日数 最短翌日
電子マネー QUICPay
iD
楽天Edy
nanaco
WAON
交通系IC
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
JCB一般カードがおすすめな理由は?
  • ブランド力抜群!JCBのカードが初年度無料で発行できる
  • Amazonやビックカメラなど優待店舗多数
  • ポイントの交換先が豊富で使い道に困らない
  • ディズニー招待などの限定キャンペーンに応募できる

JCB一般カードは、日本発祥の国際ブランド『JCB』が発行するクレジットカード。

JCB一般カードは、国際ブランドJCBが直接発行する『プロパーカード』と呼ばれるタイプのカードです。

ほとんどのクレジットカードは『提携カード』と呼ばれ、国際ブランドとカード発行会社が提携して発行を行っています。

プロパーカードは、通常の提携カード以上に、幅広い優待店舗や特典が揃っており、ステータス性が高いのが特徴です。

JCBスターメンバーズで毎年ポイント倍率をアップできる

JCB一般カードには、前年の利用額に応じてボーナスポイントが適用される『JCBスターメンバーズ』のサービスがあります。

JCBスターメンバーズでは、年間で利用した金額によって、ポイントの倍率がアップします。

ランク 集計期間中の合計利用額(税込) ポイント倍率
ロイヤルα(アルファ)PLUS 300万円以上 ポイント70%アップ
スターα(アルファ)PLUS 100万円以上 ポイント60%アップ
スターβ(ベータ)PLUS 50万円以上 ポイント30%アップ
スターe(イー)PLUS 30万円以上 ポイント20%アップ

年間30万円以上の利用があれば、すぐにランクアップできます。

一番低いランクの『スターe(イー)PLUS』でも、通常の買い物で貯まるポイントが20%アップするためお得。

JCBが発行するクレジットカードには、年会費無料でポイント還元率も高いJCB CARD Wもあります。

ただしJCB CARD Wには、JCBスターメンバーズの適用がありません。

JCBスターメンバーズは、JCB一般カードを選んだ人の特権となります。

JCB一般カードにはディズニー好き必見の特典が満載!

JCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーです。

東京ディズニーリゾートのパークチケットが当たるキャンペーンや、貸切招待キャンペーンなどへ応募ができます。

Oki Dokiポイントの交換先にも、ディズニーリゾートのチケットやディズニーのオリジナルグッズも揃っています。

発行の際にはディズニーデザインの券面も選べるなど、ディズニー好きに嬉しいクレジットカードです。

JCBゴールドはハイステータスカードへのランクアップを目指せる

JCBゴールドはハイステータスカードへのランクアップを目指せる

公式サイト https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/gold/
年会費 初年度年会費無料!
※ 通常年会費:11,000円(税込)
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド JCB
発行日数 約1週間ほど
電子マネー QUICPay
iD
楽天Edy
nanaco
WAON
交通系IC
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
JCBゴールドがおすすめな理由
  • 招待なしで自分から好きなタイミングで申し込みできる
  • ディズニーデザインのゴールドカードを選べる
  • 国内とハワイの空港ラウンジが無料利用の特典付き
  • グルメやゴルフといった大人に嬉しいサービスが付帯
  • JCBプラチナなどのステータスカードへのランクアップができる

JCBゴールドは、JCB一般カードよりもひとつランクが上のクレジットカード。

申し込みをすると誰でも審査を受けられるため、20代の若いうちからゴールドカードを使い始めたい人にもおすすめです。

カードのデザインもゴールドで高級感があり、特別感のあるカードになっています。

通常のJCBカードにあるような、Amazonやスターバックスといった『JCBオリコカードパートナー』でのポイント優待も受けられてお得。

ディズニーデザインのゴールドカードを選べるのも、JCBならではのメリットです。

空港ラウンジ利用や保険などゴールドカードの基本機能が揃っている

JCBゴールドの年会費は11,000円(税込)と、ゴールドカードの中では一般的ですが、年会費以上の様々な特典や優待が揃っています。

JCBゴールドの主な機能

主な特典・機能 詳細
グルメ優待サービス 対象店舗を事前予約と専用クーポンを提示した上で、JCBゴールドで支払いをした場合、コース料金20%オフ。
ゴルフ手配サービス 全国1,200ヶ所ほどの、ゴルフ場の手配サービスを電話で対応。ゴルフイベントやコンペに参加できる。
ゴールド会員専用デスク カードに関する問い合わせ電話が、専用デスクで繋がりやすい。
国内・ハワイ空港ラウンジサービス 国内の主要空港とハワイの空港ラウンジのドリンクサービスなどを、無料で利用できる。
海外空港ラウンジサービス 世界1,100ヶ所以上の空港ラウンジのドリンクサービスなどを、約3,660円※で利用できる。
海外旅行傷害保険 最高1億円補償の海外旅行傷害保険が適用。
会員情報誌 旅行、グルメ、趣味、地域情報などに関する情報冊子を毎月お届け。

※ US32ドル

JCBゴールドには、年会費が3万円ほどするゴールドカードとも同等の機能が揃っています。

空港ラウンジの特典も揃っているため、旅行好きな人にも嬉しいクレジットカードです。

JCBゴールド・ザ・プレミアやJCBプラチナなどへランクアップができる

JCBゴールドの特徴として、使い続けるとハイステータスカードへランクアップできます。

JCBのクレジットカードは以下の順にステータスが決まっており、グレードアップするごとに、受けられるサービスの幅が広がります。

JCB一般カード > JCBゴールド > JCBゴールド・ザ・プレミア > JCBプラチナ > JCB ザ・クラス

最高クラスの『JCB ザ・クラス』は招待(インビテーション)を受けた人のみが発行できる、最高級のクレジットカード。

正体の明確な基準は公表されていませんが、『JCBのカードで年間300万円以上の支払いを3年以上続ける』と招待が届くケースが多くあります。

すぐに招待を受け取るのは難しいため、JCB ザ・クラスを目指したい人は、少しでも早いうちからJCBゴールドを使い始めるのがおすすめです。

dカード GOLDはドコモの利用料金が10%オフで年会費以上にお得

dカード GOLDはドコモの利用料金が10%オフで年会費以上にお得

公式サイト https://info.d-card.jp/std/topics/af/gold.html
年会費 11,000円(税込)
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA・Mastercard
発行日数 入会審査完了まで最短5分
電子マネー iD
スマホ決済 Apple Pay
dカード GOLDがおすすめな理由
  • ドコモケータイやドコモ光の料金が10%オフに!
  • 空港ラウンジなどのゴールドカードの基本機能が搭載
  • 最短5分審査でその日のうちにスマホで使える
  • DAZNやdマガジンの利用料金を10%ポイント還元
  • ケータイ補償でスマホの修理料金を補償

dカード GOLDは、ドコモが発行するゴールドカード。

無料で発行できるクレジットカードが多い中、dカード GOLDの年会費11,000円(税込)は高く感じますが、年会費以上の得があるクレジットカードです。

dカード GOLDの特権!ドコモケータイとドコモ光が実質10%オフになる

dカード GOLDの最大の特徴は、ドコモケータイとドコモ光の利用額の10%が、dポイントとしてポイント還元されること。

例えばドコモの利用料金が合計10,000円/月の場合、1ヶ月で貯まるポイントは1,000ポイント。

年間で貯まるポイントは12,000ポイントとなり、年会費以上のポイントを獲得できます。

DAZNやdマガジンといった、ドコモが提供する他のサービスも10%のポイント還元もあるのがメリットです。

最短5分で審査!最速クラスで発行できるゴールドカード

dカードは申し込みから最短5分の、スピード審査に対応しています。

審査に通過すると、郵送でカード本体が届く前でも、すぐにカード番号を確認できます

dカードアプリをインストールしてログインすると、スマホ上でカード番号を表示可能。
すぐにネットショッピングなどに使えます。

他社のゴールドカードは申し込みから使い始めるまでに、1週間以上かかるカードも多くあります。

dカード GOLDは少しでも早く、ゴールドカードを使い始めたい人にもおすすめです。

dカードは年会費永年無料でドコモユーザーが使いやすいクレジットカード

dカードは年会費永年無料でドコモユーザーが使いやすいクレジットカード

公式サイト https://d-card.jp/
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA・Mastercard
発行日数 入会審査完了まで最短5分
電子マネー iD
スマホ決済 Apple Pay
dカードがおすすめな理由
  • 年会費永年無料でポイント1.0%の高還元!
  • dカード特約店の数が多い!幅広いお店で優待がある
  • ドコモのケータイ補償でスマホを守れるカード
  • d払いとセットで使ってポイント2重取りできる
  • 29歳以下の人は海外国内旅行傷害保険が付帯

dカードはドコモが発行するクレジットカードの中でも、dカード GOLDとは異なり完全無料で発行できるカード。

ドコモユーザーには、dカード GOLDの方がお得になるためおすすめできます。

ただしいきなり1万円以上の年会費を払うのに抵抗がある人は、まずは通常のdカードを試してみるのもひとつの手です。

dカード特約店が豊富!色んなお店でポイントが貯まる

dカードは『dカード特約店』と呼ばれるパートナー店舗での支払いに使うと、ポイント還元の優待を受けられます。

dカード特約店の例

店舗名 ポイント倍率
ENEOS 200円(税込)ごとに1.5%
オリックスレンタカー 100円(税込)ごとに4.0%
メルカリ 200円(税込)ごとに2.5%
高島屋 200円(税込)ごとに1.5%
マツモトキヨシ 100円(税込)ごとに3.0%
タワーレコード 100円(税込)ごとに2.0%
洋服の青山 100円(税込)ごとに2.0%
スターバックス 100円(税込)ごとに4.0%
サカイ引越センター 100円(税込)ごとに4.0%
ビックエコー 100円(税込)ごとに3.0%

dカード特約店には、カフェやカラオケからガソリンスタンドまで、様々なジャンルの店舗が揃っています。

中には旅行や引越しなど、大きい金額を使うタイミングで対象になる店舗も。

普段から日常で利用する店舗がdカード特約店になるよう意識しておくと、dカードの恩恵を最大限に受けられます。

ドコモユーザー必見!スマートフォンの修理代金が補償される

ドコモショップでdカードを使って購入したスマートフォンには、『ケータイ補償』が適用されます。

ケータイ補償では、購入したスマホを失くしてしまったり、水に落としたなどで修理が必要になった場合に、最大1万円が補償される制度です。

スマートフォンは毎日利用するアイテムなので、保険があると万が一の故障にも安心です。

他社で料金を払って付けられる、スマートフォンの補償と比べた表がこちら。

サービス名 補償金額 補償期間 保険料(税込)
dカード『ケータイ補償』 スマートフォンが紛失や盗難、水没による修理不要となり、新たな同一機種をドコモショップでdカードにて購入する場合、購入金額の10,000円を補償。 1年間 無料
AppleCare+ for iPhone 紛失より1年間に2回まで、iPhone修理代金を以下のサービス料金で受け付け。
画面や背面ガラスの損傷:3,700円(税込)
その他の過失や事故による損傷:12,900円(税込)
紛失や盗難:12,900円(税込)
1年間 20,800円
A社 スマホ保険 スマートフォンに画面割れや水濡れ、紛失などに遭った場合、自己負担額3,500円で修理費用上限120,000円を補償。 月額制 月額390〜990円
B社 スマホ保険 以下の内容でスマートフォンの修理代金を補償
故障・破損・水没:全額補償
盗難・メーカー修理不能:端末代金もしくは25,000円の金額が低い方を補償
月額制 月額700円

※ AppleCare+ 盗難・紛失プランをiPhone13へ適用した場合の料金。

dカードのケータイ補償は補償金額は大きくありませんが、保険料無料で付けられるのがメリット。

「できればスマートフォンの保険は欲しいけど、なるべくお金はかけたくない」といった人に向いています。

dカードのケータイ補償で補償される金額は、スマホが故障して新しい端末を購入する場合の代金です。

現在使っているスマホの修理代金は対象外となるため、注意しましょう。

アメリカン・エキスプレス・カードにはゴールドカード並の優待サービスがある

アメリカン・エキスプレス・カードにはゴールドカード並の優待サービスがある

公式サイト https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/green-card/
年会費 13,200円(税込)
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド American Express
発行日数 10日間ほど
電子マネー QUICPay
楽天Edy
交通系IC
スマホ決済 Apple Pay
アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめな理由は?
  • 年会費が高いためステータス性がある
  • 海外旅行でのサポートが充実で旅行済みでおすすめ
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで優待サービスを受けられる
  • 新国立劇場でアメックスカード会員限定特典がある
  • 貯めたポイントはマイルやT-POINTなどにも交換できる

アメリカン・エキスプレス・カードは、他社のゴールドカードよりも充実した特典やサービスが付いています。

国際ブランド『American Express』が直接発行するクレジットカードで、ステータス性が高いのが特徴です。

20歳以上で定職に就いている人であれば、申し込みして審査を受けられます。

アメリカンエキスプレスならではの充実した優待サービスが付帯

アメリカン・エキスプレス・カードは、旅行やレジャーなどの優待が充実しています。

サービス提供企業等 特典内容
旅行予約サイト
「Expedia」
海外・国内ホテルご宿泊料金 8%オフ
海外・国内ツアー料金 3,750円オフ
旅行予約サイト
「一休.com」
毎月先着100名様に3,000円オフクーポンコードプレゼント
アメックスカード会員限定特典付きプラン
ホテル予約サイト
「アップルワールド.com」
ホテルご宿泊料金5%オフ
オリックスレンタカー
トヨタレンタカー
日産レンタカー
ニッポンレンタカー
タイムズカーレンタル
基本料金から5%オフ
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 申し込み枠1日20名限定確保「ユニバーサルVIPツアー~スーパー・ニンテンドー・ワールドTM~」
申し込み枠1日10名限定確保「ユニバーサル・エクスプレス・パス~プレミアム~」
新国立劇場 ドリンク券プレゼント(チケット1枚に付きドリンク券1枚)
チケット郵送無料(新国立劇場ボックスオフィスで購入)
オペラトーク無料

アメリカンエキスプレスにはこの他にも、独自に行っているサービスや特典があり、旅行や休日のお出かけ先での利用に向いています。

普段使い用に、ポイントの貯めやすさに特化した、他社の提携カードとの2枚持ちもおすすめです。

アメックスカードの提示で空港ラウンジを無料利用できる

アメックスカード会員は、利用当日の搭乗券を提示と、こちらの空港ラウンジを利用出来ます。

空港名 ラウンジ名
新千歳空港 スーパーラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ「A Spring」
青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ(Royal Sky)
仙台国際空港 ビジネスラウンジ
羽田空港第1ターミナル POWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE SOUTH
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港第2ターミナル エアポートラウンジ(南)
POWER LOUNGE SOUTH
POWER LOUNGE NORTH
POWER LOUNGE PREMIUM
羽田空港第3ターミナル Sky Lounge
成田国際空港第1旅客ターミナル IASS EXECUTIVE LOUNGE 1
成田国際空港第2旅客ターミナル IASS EXECUTIVE LOUNGE 2
新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 ラウンジらいちょう
中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア
小松空港 スカイラウンジ白山
伊丹空港 ラウンジオーサカ
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ「比叡」
ラウンジ「六甲」
アネックス六甲
ラウンジ「金剛」
神戸空港 ラウンジ神戸
岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
米子空港 ラウンジDAISEN
山口宇部空港 ラウンジ「きらら」
高松空港 ラウンジ讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ
徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
北九州空港 ラウンジひまわり
福岡空港国内線ターミナル くつろぎのラウンジTIME
福岡空港国際線ターミナル ラウンジTIMEインターナショナル
長崎空港 ビジネスラウンジ「アザレア」
大分空港 ラウンジくにさき
熊本空港 ラウンジ「ASO」
鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
那覇空港 ラウンジ華~hana~
ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港 IASS HAWAII LOUNGE

利用できるラウンジは国内28ヵ所、海外1ヵ所。
カード会員と同伴者1名共に無料で利用できます。

アメックスカードでは、国内外1,300ヵ所以上の空港にあるラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」の「スタンダードプラン」に年会費無料で登録可能。

プライオリティ・パスの「スタンダードプラン」は通常11,500円※ほどの年会費が必要です。

アメリカン・エキスプレス・カードがあればこの年会費を払わずに、プライオリティ・パスを発行できます。
これだけでクレジットカード本体の年会費の元を取れます。

※ プライオリティ・パス『スタンダードプラン』 US$99

アメリカン・エキスプレス・カード・ゴールドは旅行とグルメのサービスが充実のステータスカード

アメリカン・エキスプレス・カード・ゴールドは旅行とグルメのサービスが充実のステータスカード

公式サイト https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/gold-card/
年会費 31,900円(税込)
ポイント還元率 0.5~1.0%
国際ブランド American Express
発行日数 10日間ほど
電子マネー QUICPay
スマホ決済 Apple Pay
アメリカン・エキスプレス・カード・ゴールドがおすすめな理由は?
  • 国内外の対象レストランでコースメニュー1名無料
  • スマホの破損を最大5万円まで補償
  • 継続するたびに旅行クーポンプレゼントなどの特典がある
  • 家族カードを1枚無料で発行できる
  • プライオリティ・パスのスタンダードプラン年会費が無料
  • 国内外600以上の有名ホテルを優待料金で利用できる

アメリカン・エキスプレス・カード・ゴールドは年会費が3万円ほどで、高めに設定されているクレジットカード。

様々な優待が付いており、年会費以上のサービスを受けられます。

周りの人に自慢できるような、ハイステータスなクレジットカードを持ちたい人にもおすすめです。

グルメ好きに嬉しい!レストランの招待サービスでコース料理が無料に

アメリカン・エキスプレス・カード・ゴールドの会員は、グルメについてのこちらの2つのサービスを受けられます。

特典名 詳細
ゴールド・ダイニングby招待日和 招待日和の対象レストランにて、所定のコースメニュー2名以上にて予約で、1名分のコース料理が無料。
ゴールド・ワインクラブ 季節のおすすめワインや、希少価値の高いワインをゴールド・ワインデスクにて紹介や購入に対応。

特に注目したいのが、招待日和のレストランをコースメニュー1名無料で楽しめること。

招待日和とは、医師や企業のオーナーなどの社会的地位の高い人を対象に、レストランの優待を行っているサービス。

アメックス・ゴールドを持っていれば、どういった職業の人でも招待日和のレストランを利用できます。

ゴールドカードならではの5つの安心サポートが付いている

アメリカン・エキスプレス・カード・ゴールドでは、こちらのの5つのサポートを受けられます。

サポート名 内容
スマートフォン・プロテクション スマートフォンをうっかり落として、画面にヒビが入った際などの、修理費用を補償。
ショッピング・プロテクション アメックスカードで購入した商品にて、購入後90日間の破損や盗難などの損害を補償。
オンライン・プロテクション オンラインショッピングで不正利用された際、利用金額を補償。
リターン・プロテクション アメックスカードで購入した商品の返品を、購入店が受け付けない際に、購入金額を補償してカードへ返金。
キャンセル・プロテクション 事故によるケガや家族の不幸、急な社命出張などで旅行やコンサートに行けなくなった場合、キャンセル料などの損害を補償。

アメックス・ゴールドを1枚持っているだけで、グルメや旅行を楽しめるだけでなく、万が一のトラブルにも備えられます。

会員継続するだけで2つの特典を受けられる

アメリカン・エキスプレス・カード・ゴールドのゴールド会員を継続すると、こちらの2つの継続特典がもらえます。

特典名 詳細
ザ・ホテル・コレクション カード会員限定プログラム『ザ・ホテル・コレクション』の国内対象ホテル宿泊時に利用できるクーポン15,000円分プレゼント
スターバックスコーヒー スタバ公式アプリで使えるスターバックスドリンクチケット3,000円分プレゼント

『ザ・ホテル・コレクション』では、対象ホテルの宿泊15,000円分のクーポンをプレゼント。

宿泊代を15,000円以内に抑えると、アメックス・ゴールドを持っているだけで毎年無料でホテルに泊まれます

セゾンカード インターナショナルはスタンダードで使いやすいクレジットカード

セゾンカード インターナショナルはスタンダードで使いやすいクレジットカード

公式サイト https://www.saisoncard.co.jp/creditcard/lineup/001/
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
発行日数 最短5分
電子マネー QUICPay
iD
交通系IC
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
セゾンカード インターナショナルがおすすめな理由は?
  • 永久不滅ポイントでポイント失効の不安がない!
  • ネット申込なら最短5分でデジタルカード発行ですぐ使える
  • 毎月の『セゾンカード感謝デー』は西友で5%オフ
  • 国際ブランドを3種類から自由に選べる
  • セゾンポイントモール経由のショッピングでポイント最大30倍
  • 貯めたポイントで手軽に投資体験できる

セゾンカード インターナショナルは、数あるセゾンカードの中でもスタンダードなクレジットカードです。

18歳以上で連絡可能な人なら、誰でも申し込みが出来ます。

他のカード会社での審査が不安な学生や、主婦でも発行できる可能性があるクレジットカード。

毎月の『セゾンカード感謝デー』は、西友・リヴィン・サニーの店舗にて5%で買い物できます。

西友でよく買い物をする、主婦やサラリーマンの人にもおすすめです。

国内初!ナンバーレスカードでセキュリティ性が高い

最近はクレジットカードの表面に番号の記載がない、『ナンバーレスカード』と呼ばれるカードが主流になりつつあります。

ナンバーレスカードとは、カードの表面・裏面どちらにもカード番号・セキュリティコード・有効期限が印刷されていないカードのこと。

クレジットカードにカード番号が書かれていないため、カードを落としたり、店員にカードを渡した際に、不正利用される心配が少なくなります。

セゾンカードは国内でも最も早く、ナンバーレスカードの発行を始めました。

デジタルカードの発行にも対応しており、スマホ画面にカードが表示してアプリでカード管理できます。

発行時には通常のナンバーレスカードか、デジタルカードかを選択して発行できます。

セゾンカード会員限定!優待があるお店や付帯サービスが豊富

セゾンカード インターナショナルでは、セゾンカードで優待のあるお店にて様々な割引やサービスを受けられます。

セゾンカードで使える優待の例
  • アポロステーション・出光・シェルで永久不滅ポイントとPontaポイントが貯まる
  • WOWOW視聴料1ヶ月分相当の永久不滅ポイントプレゼント
  • 毎月抽選で1万名に現金1万円プレゼント
  • セゾンクラッセなら永久不滅ポイント常時2倍に
  • Abemaプレミアム3ヶ月間無料に
  • tabiデスクでセゾンカード支払いなら国内外のパッケージツアー最大8%オフ
  • 毎月のセゾンカード感謝デー開催日は、西友系スーパーなどで5%オフ
  • ハーツレンタカーの利用料5~20%オフ

など

休日に家でゆっくり楽しめるVODサービスの割引や、お出かけ先のレジャー施設などで使える割引など、様々なジャンルの優待が揃っています。

セゾンの永久不滅ポイントで気軽に投資体験

セゾンカードで貯めたポイントは、有効期限のない永久不滅ポイントになります。

ショッピングに利用したり、マイルやAmazonギフト券への交換も可能です。

永久不滅ポイントでは、貯めたポイントを投資に使えるのも特徴。

ポイント運用サービスに登録後、6つの投資信託コースと株式コースから購入するコースを選択。

運用口座にチャージされた永久不滅ポイントを使って、投資を体験できます。

体験とは言え、大和証券が運用するファンドラップや大和アセットマネジメント、セゾン投資が運用する投資信託の運用状況、実際の株価に応じてポイントが増減します。

現金の負担なく、気軽に投資を始められるのがメリットです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードはスマホ決済を使う人がお得!

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードはスマホ決済を使う人がお得!

公式サイト https://www.saisoncard.co.jp/amextop/pearl-pro/
年会費 初年度無料※
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド American Express
発行日数 最短60分
電子マネー QUICPay
iD
交通系IC
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay

※ 前年に1度でもカード利用がある場合、翌年以降も年会費無料。
※ 通常年会費:1,100円(税込)

セゾンパール・アメックスがおすすめな理由は?
  • QUICPayでの支払いでポイント3.0%還元!
  • アメックスカードを年会費無料で発行できる
  • 完全ナンバーレスカードでセキュリティもバッチリ
  • ポイントの有効期限がない永久不滅ポイントが貯まる

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードはセゾンカードと国際ブランド『American Express』が提携して発行されるクレジットカード。

セゾンカードの優待サービスと、アメックスカードの優待サービスの両方を利用できるためお得。

カード番号をを見られる心配がない『ナンバーレスカード』のため、デザインもシンプルでスタイリッシュです

QUICPayでの支払いでポイント3%還元される

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの最大のメリットは、QUICPayで利用すると還元率が3.0%になること。

QUICPayでの支払い方法は、セゾンパール・アメックスをApple Payなどのスマホ決済に連携するだけで簡単。

QUICPayでの支払いに対応している飲食店やコンビニなどで、いつでも実質3%オフで買い物できます。

20歳未満でもアメックスカードを年会費無料で発行できる

アメリカン・エキスプレスが直接発行するクレジットカードを発行できるのは、20歳以上になってからです。

ただしセゾンカードと提携したセゾンパール・アメックスの場合は、18歳以上から発行が可能。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードに憧れている人や、審査が心配な人にもおすすすめです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは26歳以下におすすすめなアメックスカード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは26歳以下におすすすめなアメックスカード

公式サイト https://www.saisoncard.co.jp/amextop/blue-pro/
年会費 26歳まで年会費無料
26歳以上の方は初年度年会費無料・2年目以降3,300円(税込)
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド American Express
発行日数 最短即日
電子マネー QUICPay
iD
ETC
スマホ決済 Apple Pay
セゾンブルー・アメックスがおすすめな理由は?
  • 26歳までは年会費無料で発行できる!
  • 海外旅行での利用で永久不滅ポイントが2倍に
  • 年会費無料で旅行傷害保険を付帯できる
  • アメリカン・エキスプレスの優待特典が使える
  • 永久不滅ポイントとnanacoポイントをダブルで貯められる
  • 自動車税や国民年金への支払いでもポイントを貯められる

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、26歳までは年会費無料で使えるクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードを、20代の若いうちから使い始めたい人におすすめ。

26歳以上の人でも年会費は初年度無料で、翌年以降も3,300円(税込)のみ。

通常のアメリカン・エキスプレス・カードと比べると、リーズナブルな年会費です。

アメックスならではの充実した海外旅行特典が使える

セゾンブルー・アメックスは、旅行についてのサービスが充実。

セゾンカード インターナショナルには付帯がない海外旅行傷害保険も付いています。

海外旅行保険(利用付帯)

補償項目 最高保険金額
死亡・後遺障害(障害) 3,000万円
治療費用(障害) 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任(自己負担額1,000円) 3,000万円
救援者費用 200万円
携行品損害(自己負担額3,000円) 30万円(1点・1対限度額10万円)

国内旅行保険(利用付帯)

補償項目 最高保険金額
傷害死亡・後遺障害 3,000万円
入院日額 5,000円
通院日額 3,000円

セゾンブルー・アメックスを旅行先で使うだけで、旅行傷害保険が適用されます。
旅行のたびに、保険に入る手間がありません。

またセゾンブルー・アメックスを海外で使うと、貯まる永久不滅ポイントが通常の2倍になります。

セゾンカード会員サービス『セゾンクラッセ』にて事前登録しておけば、24歳以下の人は海外でのポイント倍率がさらに6倍へアップします。

セブン-イレブンの利用でnanacoポイントを二重取りできる

セゾンブルー・アメックスでは他のセゾンカード同様、カード利用で永久不滅ポイントが貯まります。

さらにセブンイレブンで利用すると、nanacoポイント同時に貯められます。

2種類のポイントを二重取りできるのは、セゾンブルー・アメックスならではのメリットです。

ACマスターカードは少しでも早く当日中にカードが欲しい人におすすめ

ACマスターカードは少しでも早く当日中にカードが欲しい人におすすめ

公式サイト https://www.acom.co.jp/p/lp/creditcard/10/
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.25%
国際ブランド Mastercard
発行日数 最短即日
電子マネー
スマホ決済
ACマスターカードがおすすめな理由
  • 最短即日発行でその日のうちにカードを受け取り可能
  • 他のクレジットカードと異なる独自の審査基準
  • リボ払いで急に支払額が膨らむことがない
  • 利用金額の0.25%がキャッシュバックされる

ACマスターカードは年会費無料で、その日のうちに手に入るクレジットカード。

公式サイトには『パート・アルバイトの方もOK!』の表記が大きく表示されており、幅広い人を対象に審査を行っているのがわかります。

支払い方法は、他社のクレジットカードの場合、ほとんどは口座引き落としになります。

ACマスターカードはコンビニ払いやアコム店頭窓口での支払いなど、自分に合った方法を選べるのも特徴です。

最短30分で審査完了!トップクラスの発行スピードですぐに手に入る

ACマスターカードの最大のメリットは、発行スピードの早さです。

アコムの自動契約機(むじんくん)でカードを受け取りする場合、審査は最短30分で完了。
審査に通過でき次第、自動契約機にてACマスターカードを受け取りできます。

ACマスターカードを発行すると、通常のショッピングだけでなく公共料金の支払いや、キャッシングでの利用など、様々な使い道に利用可能。

「どうしても今月のスマホ代が払えない…」「遊びに使うためのお金を今すぐ用意したい!」といった場面に、ACマスターカードがあると役立ちます。

支払い方法は自動でリボ払いが適用!毎月一定の支払額になる

ACマスターカードでショッピング利用した支払いは、自動でリボ払いが適用されます。

リボ払いとは?

リボ払いとは、毎月の支払額が一定になる代わりに、手数用が加算される支払い方法。
毎月の支払額は設定で変更が可能で、自分で無理のない返済ペースを決められるのが特徴です。

店頭でACマスターカードを利用する際に一括払いを希望しても、実際の支払い金額はリボ払いへ変更されます。

リボ払いには、手数料が膨らみすぎると返済が難しくなるデメリットもあるため、使い過ぎには慎重になりましょう。

今手元にお金はないけど購入したいものがある人や、店頭で「リボ払い」を伝えるのが恥ずかしい人に、おすすめのクレジットカードです。

楽天カードは楽天市場でのポイント還元がとにかくお得な高還元カード

楽天カードは楽天市場でのポイント還元がとにかくお得な高還元カード

公式サイト https://www.rakuten-card.co.jp/
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%〜
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB・American Express
発行日数 1週間ほど
電子マネー 楽天Edy
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
楽天カードがおすすめな理由は?
  • 年会費永年無料!幅広い人が発行できる
  • カード会員数は2,000万突破※の人気カード
  • 楽天市場でのポイント還元率がいつでも2倍
  • SPUでさらに楽天市場でのポイントがアップ
  • 新規入会キャンペーンが充実している

※ 参照元:楽天カード、カード会員数が2,000万人を突破 | 楽天グループ株式会社

楽天カードはTVCMや広告でも見かける機会の多い、年会費無料のクレジットカード。

カード会員は2,000万人以上のトップシェアを誇っており、初めてカードを作る人や学生にもおすすめ。

クレジットカードの顧客満足度ランキングでも、堂々の第1位を獲得しています。

国際ブランドは、国内で使える主要ブランド4社すべてから選択可能。

今まで他のカードを使っていた人でも、2枚目のサブカードとして活躍できます。

SPUで楽天市場でのポイント還元率が最大15倍になる

楽天カードにはSPU(スーパーポイントアッププログラム)と呼ばれる、ポイントアップ制度が用意されています。

SPUは楽天モバイルや楽天ひかりといった、楽天関連のサービスを使えば使うほど、楽天市場でのポイント還元率が上がるシステムのこと。

楽天市場での買い物で貯まるポイントが、最大15倍までアップします。

最大の15倍を達成するのは難しいものの、5〜10倍ほどであれば、クレジットカードやスマホキャリアの乗り換えで簡単に達成できます。

貯めた楽天ポイントを使える場所が多いからムダなく使える

楽天カードはポイント還元率の高さだけでなく、ポイントの使いやすさもメリット。

せっかく貯めたポイントも使い道がないと、気づいた頃にはポイントの有効期限が切れてしまう可能性もあります。

貯めたポイントは、楽天ポイントを使える様々な店舗で利用できます。

楽天ポイントを使える主な店舗
  • マクドナルド
  • ファミリーマート
  • ミスタードーナツ
  • ほっかほっか亭
  • すき家
  • コメダ珈琲
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • 湘南美容クリニック

など

楽天カードの利用店舗はコンビニからファーストフード店、カフェなどの幅広いジャンルのお店があります。

ポイントを使う際は楽天カードの提示や、楽天ポイントアプリのバーコードを見せるだけのため、レジで手間取りません。

イオンカードはイオンでのショッピングの必須アイテム!主婦にもおすすめのカード

イオンカードはイオンでのショッピングの必須アイテム!主婦にもおすすめのカード

公式サイト https://www.aeon.co.jp/campaign/lp/aeoncardwaon/
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
発行日数 最短即日
電子マネー iD
WAON
スマホ決済 Apple Pay
イオンカードがおすすめな理由
  • イオンのお客様感謝デーで使うと5%オフ!
  • イオンのグループ店舗で使うとポイントが通常の2倍に!
  • イオンシネマを優待価格で利用できる
  • 年会費無料で基本の還元率1%とコスパがいい
  • イオンカードポイントモールでネットショッピングでもお得

イオンカードはイオンでの買い物が、お得になるクレジットカード。

通常の買い物で貯まるポイントは100円につき1ポイントですが、イオングループの対象店舗では2ポイントにアップ。

いつでもポイント還元率2.0%で買い物ができます。

休日によく家族でイオンに行く、ファミリー層に向いているクレジットカード。

旅行やイベント時での優待は少ないものの、食料品の買い物などの普段の支払い時へ使うのにおすすめです。

毎月20・30日のイオンのお客様感謝デーは5%オフで買い物できる

イオンカードのメリットは、イオンで毎月20と30日に開催される『お客様感謝デー』があること。

お客様感謝デーでは、イオングループでの利用金額が5%オフになります。

例えばイオンのスーパーで10,000円分の買い物をした場合、獲得できるポイントは800ポイント。
800ポイントがあれば、次にイオンへ来た際のランチ代にあてるといった使い方もできます。

イオン店内では他にも、イオンシネマのチケット代が優待価格の1,000円(税込)で購入できる特典もあります。

リクルートカードは基本のポイント還元率がとにかく高いのがメリット

リクルートカードは基本のポイント還元率がとにかく高いのがメリット

公式サイト https://recruit-card.jp/lp/aff/jcb/
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.2%
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
発行日数 2週間ほど
電子マネー QUICPay
楽天Edy
交通系IC
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay

リクルートカードは年会費無料で発行しやすいため、学生や20代におすすめのクレジットカード。

カードの利用で貯まるリクルートポイントは、Pontaポイントへ移行できるため使いやすいのが特徴。

ホットペッパーやじゃらんといった、リクルートが提供する予約サービスへ利用できます。

せっかく貯めたポイントを、必要ないものに使って無駄にしてしまうといった心配が減ります。

基本のポイント還元率が1.2%!そのまま使うだけでポイント貯まる

リクルートカードは、基本のポイント還元率が1.2%と高水準なのがメリット。

注目したいのは、リクルートカードで支払いをしたすべての金額に還元が適用されること。

他社のクレジットカードでは、還元率が高くなる条件が、自社サービスへの利用金額などへ制限されています。

リクルートカードの場合、利用先を問わず常にポイントが1.2%を獲得可能です。

ネットショッピングの場合、Amazonでも楽天市場のどちらを使っても同じ還元率でポイントがもらえます。

リクルートカードを持っていると、利用先を意識するなどの面倒な手間なしで、ポイントを効率よく貯められます。

Tカード Primeは休日のショッピングやお出かけに持っておきたい1枚

Tカード Primeは休日のショッピングやお出かけに持っておきたい1枚

公式サイト https://web.tsite.jp/cpn/tcard/credit/prime/
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド Mastercard
発行日数 1〜2週間ほど
電子マネー 交通系IC
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
Tカード Primeがおすすめな理由は?
  • 毎週日曜は1.5%還元でTポイントが貯まる!
  • 初年度の年会費が無料!翌年以降も実質無料で使える
  • J’sコンシェルの優待サービスが付帯

Tカード PrimeはTポイントを貯められるクレジットカード。

Tポイントを利用できるTSUTAYAやファミリーマートといった店舗での利用が向いています。

特にTSUTAYAでは、レンタル登録料や毎年の更新料が無料になります。

年会費は通常1,375円(税込)ですが、初年度は無料。

年1回でもカードの利用があれば、翌年以降も年会費は無料となるため、実質無料で使い続けられます。

毎週日曜はどこで使ってもポイント還元率が1.5%還元になる

Tカード Primeは毎週日曜の利用は、ポイント還元率が1.5%になります。

通常は10,000円の買い物ごとに100ポイントが貯まりますが、日曜は150ポイントへアップ。

Tカード Primeは『J’s コンシェル』と呼ばれる、温泉地やレジャー施設での優待が受けられる特典があります。

日曜日に友達や家族と出かける機会が多い人は、Tカード Primeを使って賢くポイントを貯められます。

ローソン Pontaカードはローソンで使うのにおすすめなクレジットカード

ローソン Pontaカードはローソンで使うのにおすすめなクレジットカード

公式サイト https://www.lawsonbank.jp/lp/lp_credit.html
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5〜6.0%
国際ブランド Mastercard
発行日数 1〜2週間ほど
電子マネー
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
ローソン Pontaカードがおすすめな理由は?
  • ローソンで使うとポイントが最大6.0%還元になる!
  • アプリでポイントをすぐにローソンで使える
  • 今まで貯めたPontaポイントを移行できる
  • ユナイテッドシネマの映画鑑賞が300円割引される
  • Hotels.comでの予約が最大8.0%オフになる

ローソン Pontaカードは、ローソンでの買い物におすすめのクレジットカード。

ローソンでの買い物に使うと、ポイントが通常の2倍貯まります。

カード利用で貯まるPontaポイントはそのままローソンへ使えるため、ポイントの使い勝手もいいのがメリット。

これまで貯めたPontaポイントも、新しく発行したローソン Pontaカードへ移行ができます。

毎月10・20日はローソンでのポイントアップ!最大で6%還元に

ローソン Pontaカードは、ローソンでのポイント還元率が高くなるのが特徴。

毎月10と20日にローソンで利用すると、ポイントは通常の2〜4倍に。
さらに事前にローソンアプリでエントリーしておけば、ポイントは通常の6倍までアップします。

コンビニで利用する金額は少額のため、多くのポイントを獲得するのは難しい印象。
ただローソンでの使い方次第では、Pontaポイントを効率よく貯められます。

例えばお中元やお歳暮を『ローソン ギフト・予約商品』で2万円用意すると、ローソン Pontaカードを使って最大1,200ポイントを獲得できます。

Amazon MastercardはAmazonでの買い物がお得!1.5%還元で買い物できる

Amazon MastercardはAmazonでの買い物がお得!1.5%還元で買い物できる

公式サイト https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/amazon/index.jsp
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0〜1.5%
国際ブランド Mastercard
発行日数 最短即日
電子マネー iD
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
Amazon Mastercardがおすすめな理由は?
  • Amazonで買い物した金額が1.5%還元される!
  • プライム会員は2.0%還元でさらにお得!
  • 即時審査で当日すぐにカードを使える

Amazon Mastercardは、Amazonと三井住友カードが提携して発行しているクレジットカード。

通常のポイント還元率が1.0%と高めですが、Amazonでの利用額は1.5%還元とさらに高還元に。

Amazon Mastercardは即時審査サービスを行っており、最短で当日中に審査結果がわかります。

無事審査に通過すると、そのままスマホ上で『Amazonテンポラリーカード』と呼ばれる仮カードを発行可能。

Amazonで欲しいものがある人は、Amazon Mastercardを発行してそのまますぐにお得な還元率でショッピングができます。

プライム会員はAmazon Prime Mastercardを発行できる!

プライム会員はAmazon Prime Mastercardを発行できる!

Amazonでプライム会員の人は『Amazon Prime Mastercard』を発行できます。

Amazon Prime MastercardではAmazonでのポイント還元率が、1.5%から2.0%にアップ。

Amazonの商品を、常に2%オフで購入できるクレジットカードとなっています。

Amazonでタイムセールが開催されるまで、欲しい商品の購入を我慢している人も、Amazon Prime Mastercardがあればいつでもお得に買い物できます。

セブンカード・プラスはnanacoの利用とチャージでポイントが貯まる

セブンカード・プラスはnanacoの利用とチャージでポイントが貯まる

公式サイト https://www.7card.co.jp/
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5〜1.0%
国際ブランド VISA・JCB
発行日数 1週間ほど
電子マネー QUICPay
楽天Edy
nanaco
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay

セブンカード・プラスは電子マネーのnanacoと紐づけて使うのに、おすすめのクレジットカード。

セブンカードでの支払い200円ごとに、1nanacoポイントを貯められます。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーといった、セブン&アイグループのお店でポイントが2倍になるのもお得です。

コンビニの中でも、特にセブン-イレブンへ行く機会が多い人に向いています。

nanacoへのチャージに使える!利用とダブルでポイントが貯まる

セブンカード・プラスはnanacoへのチャージに使える、唯一のクレジットカード。

nanacoへのチャージと、チャージしたnanacoを使うタイミングのダブルでポイントを貯められてお得です。

オートチャージ機能も設定できるため、会計直前に残高不足に気付いて、レジ前で手間取る心配もありません。

nanacoは数ある電子マネーの中でも、公共料金の支払いにも使えるのがメリット。

セブンカードからチャージしたnanacoで、水道代をセブン-イレブンから支払い。
ついでにセブン-イレブンで買い物をすると、効率よくポイントが貯まります。

ライフカードは審査通過が不安な人におすすめのクレジットカード

ライフカードは審査通過が不安な人におすすめのクレジットカード

公式サイト https://www.lifecard.co.jp/lp/lifecard12k/index.html
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.3%〜
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
発行日数 最短3営業日
電子マネー iD
楽天Edy
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
ライフカードがおすすめな理由は?
  • 他のカードと異なる独自の審査基準を持っている
  • カード発行は最短3営業日ですぐ手に入る
  • 使えば使うほどお得になるポイント制度
  • ポイント有効期限が5年と長いから失効の心配ナシ
  • 年会費無料!ETCカードも無料発行できる

ライフカードは、独自の審査基準を持っているのが特徴のクレジットカード。

発行元の株式会社ライフカードはアイフルの子会社で、ライフカードは消費者金融系のクレジットカードに分類されます。

消費者金融系のクレジットカードは他社のカードに比べて、幅広い職業や年齢の人を対象に審査を行っています。

クレジットカードの審査に通るか不安な人は、ライフカードへの申し込みが向いています。

1年間の利用額によってポイント倍率がどんどん貯まる

ライフカードのメリットは審査基準だけでなく、ポイントの貯まりやすさにもあります。

ライフカードでは1年間の利用金額に応じて、翌年のポイント倍率がアップしていきます。

利用金額 ポイント倍率
通常 1倍
年間利用金額
50万円以上
1.5倍
年間利用金額
100万円以上
1.8倍
年間利用金額
200万円以上
2.0倍

使った金額に応じてポイント倍率が上がるのは、他のクレジットカードにはない特徴。

同じ消費者金融系クレジットカードの『ACマスターカード』と比較しても、ライフカードはポイントが貯まりやすいです。

PayPayカードはPayPayへのチャージ機能が便利なクレジットカード

PayPayカードはPayPayへのチャージ機能が便利なクレジットカード

公式サイト https://card.yahoo.co.jp/paypaycard/campaign/pre
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%~
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
発行日数 1週間ほど
電子マネー QUICPay
交通系IC
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay

PayPayカードは唯一、PayPay残高への直接チャージができるクレジットカード。

PayPayカードへのチャージは通常、銀行口座かATMから行う必要があり手間がかかります。

PayPayカードを持っていれば、PayPayアプリから紐づけていつでもチャージが可能。

お店での会計時に、PayPayの残高が足りずに慌ててしまうといった心配もなくなります。

PayPayでカード決済すると1%上乗せで還元される!

PayPayカードでは、2021年12月から終了日未定でPayPayボーナスが1%戻ってくるキャンペーンを実施中。

PayPayの支払い方法をPayPayカードに設定して決済するだけで、普段のプラス1%のポイントがもらえます。

設定はPayPayアプリの支払い画面のバーコード下にある、『支払い方法の選択』をタップして、PayPayカードの情報を入力するだけ。

PayPay残高へチャージせずに、直接決済ができるようになり便利です。

Visa LINE PayクレジットカードはLINEポイントがザクザク貯まる

Visa LINE PayクレジットカードはLINEポイントがザクザク貯まる

公式サイト https://pay.line.me/portal/jp/about/credit-card
年会費 初年度無料
2年目以降1,375円(税込)
年1回以上の利用で翌年度年会費無料
ポイント還元率 2.0%※
国際ブランド Visa
発行日数 約1週間
電子マネー iD
WAON
楽天Edy
Suica
モバイルSuica
PASMO
モバイルPASMO
ICOCA
Kyash
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay

※ 2022年4月30日以降の基本ポイント還元率は1.0%となります。
※ チャージ&ペイ利用分の還元率は、0.5%となります。

Visa LINE Payクレジットカードがおすすめな理由は?
  • 初年度年会費無料!年1回以上の利用で翌年度年会費も無料になる
  • LINE Payアカウントに登録すれば事前チャージ不要で支払いが可能
  • カードでのショッピングならLINEポイント2%の高還元率
  • LINEポイントの利用シーンが豊富で使いやすい
  • カードレスタイプを選べば紛失の心配無用

Visa LINE Payクレジットカードは、初年度年会費無料で発行できるクレジットカードです。

Visaタッチ決済機能がついており、スピーディーなカードショピングが可能。

LINE Payアカウントに登録すれば、残高チャージなしでLINE Payでの支払いができるチャージ&ペイ機能も利用可能です。

カードショッピング、チャージ&ペイでの利用でLINEポイントが還元されます。

さまざまなシーンでポイントを貯めやすく使いやすいのが特徴です。

カードショッピングなら還元率2%でLINEポイントが貯まりやすい

Visa LINE Payクレジットカードの基本還元率は1%と高めです。

チャージ&ペイでの利用時にも0.5%のLINEポイントが還元されますが、より高い還元を受けるのならカードでのショッピングがおすすめ。

2022年4月30日までは2.0%の還元が受けられ、LINEポイントが通常の2倍貯まります。

他社のクレジットカードに多い1%の還元率と比較すると、貯まるポイント数にはこちらのような違いがあります。

利用額 還元率1%で貯まるポイント 還元率2%で貯まるポイント
1万円 100ポイント 200ポイント
3万円 300ポイント 600ポイント
5万円 500ポイント 1,000ポイント
10万円 1,000ポイント 2,000ポイント
50万円 5,000ポイント 10,000ポイント
100万円 10,000ポイント 20,000ポイント

例えば月に10万円ほどのカード利用がある場合、還元率1%のクレジットカードで貯まるのは1,000ポイント。

Visa LINE Payクレジットカードであれば2,000ポイントとなり、倍のポイントを貯められます。

余分に貯まったポイントは、気になっていたマンガをLINEマンガで購入するなど、様々な使い道があります。

貯めたLINEポイントの利用シーンが豊富

LINEポイントは1ポイント1円相当です。

LINEのスタンプやきせかえに利用できるほか、コンビニ、ドラックストアなど全国309万カ∫所のLINE Pay加盟店への支払い時に使えます。

PayPayボーナスへのポイント交換もでき、 PayPay加盟店での利用も可能です。

よく利用する店舗がLINE Pay加盟店でなくても、PayPayポイントを交換することで利用できるお店が増えます。

Orico Crad THE POINTは常に2%以上の還元が狙える

Orico Crad THE POINTは常に2%以上の還元が狙える

公式サイト https://www.orico.co.jp/creditcard/list/thepoint/
年会費 無料
ポイント還元率 1%以上
国際ブランド Mastercard・JCB
発行日数 最短8営業日
電子マネー iD
QUICPay
スマホ決済 Apple Pay
Orico Crad THE POINTがおすすめな理由は?
  • ETCカードや家族カードも年会費無料
  • 基本のポイント還元率は1%!入会後6ヵ月間は2%にアップ
  • オリコモールの利用で+0.5%ポイントを特別加算
  • iDとQUICPayのダブル搭載で少額のお買い物に便利

Orico Card THE POINTは、年会費無料でポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

ポイント還元率が常に1%以上と高く、特典を利用すれば2%以上の還元が受けられる機会も。

iDとQUICPayをダブル搭載しており、カードをかざすだけで支払いが完了します。

コンビニや自販機などでの少額決済でも、使いやすいクレジットカードです。

ETCカードや家族カードも年会費無料で家計にやさしい

オリコカードは初年度以降も年会費がかかりません。

ETCカードや家族カードも、発行手数料や年会費が無料です。

ETCカードや家族カードで利用した分にもオリコポイントが還元されます。

ポイントを貯めやすい仕組みが多く高還元を狙える

オリコカードの通常のポイント還元率は1%です。

入会後6カ月間はETC利用分も含めて2%にアップ。

オリコモールを経由してショッピングした場合、利用額に対して0.5%以上のオリコポイントが加算されます。

オリコモールで人気があるショッピングサイトのポイント還元率は、次のとおりです。

ショッピングサイト名 ポイント還元率
Amazon.co.jp 0〜4%
楽天市場 0.5%
【さとふる】ふるさと納税サイト 1%
Yahoo!ショッピング 0.5%
Apple公式サイト 0.5%

さらに、オリコカードの特別加算特典で0.5%が上乗せされます。

6カ月を経過したあとも、通常のポイント還元と合計して2%以上の還元が狙えます。

オリコカードでオリコモールを経由した場合と、還元率1%の他社クレジットカードでお買い物した場合にもらえるポイント数を、表で比較たものがこちら。

この表はスクロールできます
ショップのポイント還元率 ポイント還元率 還元されるポイント数
1万円 3万円 5万円
他社クレジットカード/経由しなかった場合

1%

100ポイント 300ポイント 500ポイント
経由した場合 0.5%

2%

200ポイント 600ポイント 1,000ポイント
1.0%

2.5%

250ポイント 750ポイント 1,250ポイント
1.5%

3%

300ポイント 900ポイント 1,500ポイント

※:1%(Orico Crad THE POINT基本還元率)+0.5/1.0/1.5%(オリコモールショップ加算)+0.5%(Orico Crad THE POINT特別加算)

例えばオリコモールのポイント還元率0.5%の楽天市場で、3万円のお買い物をする場合を想定します。

還元率1.0%の他社クレジットカードや、オリコモールを経由せずに買い物をすると、300ポイントの還元です。

オリコカードで経由して買い物をすれば、倍の600ポイントが還元されます。

同じ条件で年間30万円利用すると、3,000ポイントの差が生じます。

ネットショッピングの多い人が、お得になりやすいクレジットカードです。

電車での通勤・通学がもっと便利になる「ビュー・スイカ」カード

電車での通勤・通学がもっと便利になる「ビュー・スイカ」カード

公式サイト https://www.jreast.co.jp/card/first/viewsuica.html
年会費 524円(税込)
ポイント還元率 0.5%~5%
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
発行日数 最短1週間
電子マネー Suica
QUICPay
交通系IC
スマホ決済
「ビュー・スイカ」カードがおすすめな理由は?
  • オートチャージ機能付きSuicaやSuica定期券として利用できる
  • 切符や定期券を買うと最大5%ポイントが貯まってお得
  • JRE MALLでのショッピングならポイント還元率最大3.5%
  • ビューサンクスボーナスで年間利用額累計に応じてボーナスポイントがもらえる

「ビュー・スイカ」カードはSuica機能がついたクレジットカードです。

「ビュー・スイカ」カードを利用すると、1,000円(税込)につき5ポイントのJRE POINTが貯まります。

JRE POINTは1ポイント1円として、Suicaへのチャージ、駅ビルやJRE MALLでの買い物に利用可能。

鉄道を含め、JR東日本グループのサービス利用でお得になるクレジットカードです。

Suicaへのオートチャージ機能が便利でお得になる

「ビュー・スイカ」カードは、改札機にタッチするだけでSuicaへのチャージができるオートチャージ機能を搭載。

改札を通過するときにSuicaの残額を気にしたり、わざわざチャージしたりする必要がなくなります。

オートチャージ機能を利用すれば、ポイントが通常の3倍(1.5%)貯まるのも嬉しいところです。

モバイルSuica併用で定期券がよりお得に買える

「ビュー・スイカ」カードを利用してモバイルSuicaで定期券を購入した場合、5%の還元が受けられます。

還元率1.0%の他社クレジットカード利用時との比較を表にまとめました。

還元率 還元されるポイント数
3万円 5万円 7万円
1% 300ポイント 500ポイント 700ポイント
5% 900ポイント 2,500ポイント 3,500ポイント

7万円分の定期券を購入する場合、還元率1.0%なら700ポイントの還元です。

同じ定期券を買うのであっても、「ビュー・スイカ」カードとモバイルSuicaを利用すると5倍の3,500ポイントが還元されます。

還元されたポイントを使って、駅ビルでファッショングッズを購入したり、少し贅沢な食事を楽しんだりできてお得です。

年間利用額累計に応じてボーナスポイントがもらえる

年間の利用累計額に応じて、ボーナスポイントが還元されます。

ボーナスポイント数と1カ月あたりに必要な利用金額の目安を表にまとめました。

年間の
利用累計額
ボーナスポイント数 1カ月あたりの
利用金額目安
30万円以上 250ポイント 25,000円
70万円以上 1,250ポイント 58,334円
100万円以上 2,750ポイント 83,334円
150万円以上 5,250ポイント 125,000円

利用累計額の対象となるのは、公共料金や携帯代、食事や買物での支払い分です。

光熱費や携帯代などの支払い、食料品や日用品購入などで毎月13万円程度使う人が「ビュー・スイカ」カードを利用すると、年間で5,250ポイントのボーナスが獲得できます。

auユーザー以外もPontaポイントが貯めやすいau PAY カード

auユーザー以外もPontaポイントが貯めやすいau PAY カード

公式サイト https://www.kddi-fs.com/function/promotion/silver/
年会費 無料※
条件適用外の場合1,375円(税込)
ポイント還元率 1%以上
国際ブランド Visa・Mastercard
発行日数 1~2週間
電子マネー
スマホ決済 au PAY
Apple Pay

※au PAY カードに登録されているau IDに紐付くau携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、auひかり、auひかり ちゅら、UQ mobile、povo1.0、povo2.0の契約がなく、1年間カード利用がない場合は年会費1,375円(税込)が必要。

au PAY カードがおすすめな理由は?
  • au PAYへ残高チャージして利用すると1.5%のPontaポイントを還元
  • ポイントアップ店舗の利用で獲得できるポイントが上乗せされる
  • au PAYマーケットでいつでも最大16%還元が受けられてお得
  • Pontaポイントはクレジットカードの請求額に充当可能

au PAY カードは、100円(税込)につき1ポイントのPontaポイントが貯まるクレジットカードです。

1年間でカードを1回以上利用するか、au PAY カードに登録されているau IDに紐付くau携帯電話などの契約があれば年会費は無料。

auユーザーでなくても、Pontaポイントが貯めやすいクレジットカードです。

auユーザーならば、au携帯電話の利用料がPontaポイントで最大11%還元されるau PAY ゴールドカードがおすすめ。

au PAYへ残高チャージして利用すると還元率がアップしてお得

au PAY カードの基本還元率は、1.0%です。

au PAYと組み合わせて使うと還元率が1.5%になります。

au PAY カードでau PAYに残高チャージして1.0%、au PAYのコード支払いで0.5%、合計1.5%のPontaポイントが還元されます。

ポイントアップ店やau PAYマーケットで高還元が受けられる

ポイントアップ店への支払いをau PAY カードでおこなうと、200円(税込)ごとに1ポイント以上の増量ポイントが加算されます。

ポイントアップ店には次のようなお店があります。

ジャンル 店舗名
飲食店 COCO’S
ドミノ・ピザ
かっぱ寿司
北海道
山内農場
エンターテインメント TOHOシネマズ
ビッグエコー
アコーディアゴルフ
自遊空間
生活 紀伊國屋書店
文真堂書店
ノジマ
ジョーシン

※加算ポイント数や加算条件はお店によって異なる

身近な実店舗だけでなく、ネットショッピングでも高還元が受けられるのがau PAY カード。

au PAYマーケットを経由して買い物をすると、ショップからのポイントが加算されます。

さらにau PAYマーケットが10%以上の超高還元商品を、日替わりで厳選。

例えば13,000円のブランドスニーカーを10%還元で購入すると、au PAY カード利用分で130ポイント+還元商品で1,300ポイント=合計1,430ポイントが還元されます。

貯まったPontaポイントはローソンなどのコンビニや、出光などのガソリンスタンドでも利用可能。

手に入れたポイントを日常生活で使えば、1食分の食費や給油代の一部に充てられ、生活費が節約できます。

マイルが貯めやすく飛行機がお得に乗れるANA一般カード

マイルが貯めやすく飛行機がお得に乗れるANA一般カード

公式サイト https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/anacard/ichiran/?cat=01
年会費 初年度無料
2年目以降2,200円(税込)
※アメリカン・エキスプレスの場合は初年度から7,700円(税込)
ポイント還元率 Visa・Mastercard
0.5% 200円=1ポイント=1マイル
JCB
0.5% 1000円=1ポイント=5マイル
アメリカン・エキスプレス
1% 100円=1ポイント=1マイル
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB・アメリカン・エキスプレス
発行日数 Visa・Mastercard
1週間程度
JCB
最短3営業日
アメリカン・エキスプレス
2週間程度
電子マネー Visa・Mastercard
iD
楽天Edy
PiTaPa
JCB
楽天Edy
QUICPay
nanaco
PiTaPa
アメリカン・エキスプレス
スマホ決済 Visa・Mastercard・JCB
Apple Pay
Google Pay
アメリカン・エキスプレス
Apple Pay
ANAカードがおすすめな理由
  • 入会や継続でボーナスマイルがもらえるので飛行機に乗らなくてもマイルが貯まる
  • クレジットカード会社のポイントをマイルに交換できる
  • マイルを特典航空券へ交換すると1マイルの価値が3円以上になることもある
  • ポイントからマイルへの交換レートを2倍にするコースもあり早くマイルが貯まる
  • ANAカードファミリーマイルを利用すると貯めたマイルを家族で合算可能

ANAカードは、ANAマイレージクラブ機能がついたクレジットカードです。

国際ブランドは、Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスから選べます。

ANAカードへの入会時や更新時、フライト時にボーナスマイルがもらえるのがANAカードの特徴です。

ANAカードならボーナスマイルがもらえて家族で合算も可能

入会や継続のタイミングでボーナスマイルとして1,000マイルが付与されます。

ANA便搭乗ごとに、通常のフライトマイルにプラスして10%の割増ボーナスマイルがもらえる特典も。

ANAカードファミリーマイルに登録すると、最大10名まで家族間でマイルが合算可能。

家族みんなで合算すれば最低交換マイル数に早く到達できます。

ANAカードファミリーマイルへの登録は無料です。

クレジットカード会社のポイントをANAマイルへ交換できて貯めやすい

ANAカードの利用で貯まった、クレジットカード会社のポイントはマイルに交換が可能

国際ブランドがアメリカン・エキスプレスの場合、ANAマイルへ交換するためには有料のポイントプログラムへの登録が必須です。

JCB・Visa・Mastercardの場合、無料コースと有料コースが選べます。

この表はスクロールできます
国際ブランド ポイント コース 移管手数料(税込) ポイント付与レート マイルへの交換レート
JCB OkiDokiポイント 10マイルコース 5,500円/年 1,000円の買い物につき1ポイント 1ポイント=10マイル
5マイルコース 無料 1,000円の買い物につき1ポイント 1ポイント=5マイル
VISA
Mastercard
Vポイント 2倍コース 6,600円/年 200円の買い物につき1ポイント 1ポイント=2マイル
通常コース 無料 200円の買い物につき1ポイント 1ポイント=1マイル
アメリカン・エキスプレス ANAアメリカン・エキスプレス提携カード メンバーシップ・リワード 一般 6,600円(税込)/年 100円の買い物につき1ポイント 1ポイント=1マイル

JCB・Visa・Mastercardの場合、移管手数料が有料のコースでは、ポイントからマイルへの交換レートが2倍に。

1マイルが3円相当として計算すると、JCBなら380ポイント、VisaやMastercardなら2,200ポイント以上交換すると、有料コースにしても元がとれる計算です。

JCBの場合
380ポイント
Visa・Mastercardの場合
2,200ポイント
ポイント獲得に必要な利用金額 38万円 44万円
有料コースの場合 3,800マイル(1,1400円相当) 4,400マイル(13,200円相当)
無料コースの場合 1,900マイル(5,700円相当) 2,200マイル(6,600円相当)
貯まるマイルの差を円相当で計算 5,700円 6,600円

※ポイント還元率0.5%で計算

毎月3〜4万円以上ANAカードを利用する場合、有料コースにして2倍早くマイルを貯めるほうがお得です。

特典航空券への交換で1ポイントの価値が高まりやすくてお得

マイルの交換先でとくにおすすめなのが、特典航空券。

マイルを特典航空券に交換する場合、1マイルあたりの価値は区間や正規料金などの条件により変動しますが、1円を下回ることは稀です。

国内線の利用でも1マイルあたりの価値が3円以上になることが多く、国際線利用では10円以上の価値になることも。

ANAマイレージクラブでの主な交換先とレートは次のとおりです。

交換先 最低交換マイル数 1マイルあたりの価値
特典航空券 国内線 片道5,000マイル 3円以上になることが多い
国際線 往復12,000マイル(片道のみの利用不可)
ANA SKYコイン 1マイル 1円相当
iTunesギフトコード 10,000マイル 1円相当
Tポイント 10,000マイル 1円相当
楽天Edy 10,000マイル 1円相当
楽天ポイント 10,000マイル 1円相当
nanaco 10,000マイル 1円相当

特典航空券へ交換するほうが、他社ポイントや電子マネーへの交換時よりも最低交換マイル数が少なく、1マイルあたりの価値も高くなります

特典航空券に交換すれば、帰省や旅行などにかかる飛行機代の節約に。

例えばレギュラーシーズンに、東京から秋田へ行く場合に必要なマイル数は、6,000マイルです。

JCBのANAカードを持っており、10マイルコースに加入していた場合、600ポイントを貯めて6,000マイルに交換すると、ちょうど東京ー秋田間の特典航空券へ交換できます。

半端に余ったマイルは、1マイルから交換可能なANA SKYコインへ替えれば無駄になりません。

クレジットカードの選び方は?自分に合ったクレジットカードを選ぶ5カ条

クレジットカードの発行に慣れていない人は、どのようなカードを選べばいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

クレジットカード選ぶ際には、こちらの5つの項目を基準にして、自分に合ったカードを探すのがおすすめ。

クレジットカード選びの5カ条
  • クレジットカードの年会費は無料か
  • クレジットカードのポイント還元率は1%以上か
  • よく行くお店でのポイント還元があるか
  • 貯めたポイントの使い道は豊富か
  • 新規入会キャンペーンでお得に発行できるか

こちらを意識して選べば、クレジットカード初心者でも後悔しないカード選びができます。

年会費は無料のクレジットカードで十分使いこなせる

クレジットカードには年会費が無料のカードもあれば、1万円以上の高い年会費のカードもあります。

初めてカードを作る人であれば、年会費は無料のクレジットカードで十分です。

年会費の有無によって、それぞれこちらのような特徴があります。

年会費が無料のクレジットカードの特徴
  • カード審査の難易度が低い
  • ポイントが貯まりやすい
  • ポイント優待や割引が充実
年会費が有料のクレジットカードの特徴
  • カード審査の難易度が低い
  • ステータス性がある
  • 空港ラウンジや旅行サービスが充実

年会費が無料のクレジットカードは、審査のハードルを下げて幅広い人に発行している傾向です。

少しでも多くの人にカードを利用してもらうため、ポイント還元やカード会員限定のセールなどを実施しています。

クレジットカードにお得さを求めている人には、年会費無料のカードが向いているとわかります。

年会費有料のクレジットカードは発行しない方がいいの?

年会費が有料のクレジットカードには、ゴールドカードやプラチナカードといったステータス性のあるカードが多くあります。

お金を払ってでもカードを発行したい層に向けた、充実したサービスがメリットです。

ステータス性や一般カードにはない特別感が欲しい人には、年会費が有料のカードも十分発行する価値があるといえます。

例えばゴールドカードによく付帯されるサービスには、こちらの内容があります。

ゴールドカードの付帯サービス例
  • 空港ラウンジの利用やドリンクサービス
  • 空港で使える手荷物宅配や旅行手配のサービス
  • 海外旅行でも安心できる旅行傷害保険の付帯
  • レストランのコース招待やホテルの割引
  • 優先して繋がるカスタマーサポート
  • 上位カードへのインビテーション(招待)制度

中でも、空港や旅行周りでのサービスが揃っています。

ある程度お金に余裕があり、海外旅行に行くのが好きな人には、ゴールドカードの方が向いている可能性があります。

クレジットカードのポイントなどで、少しでも得したい人は、無料で負担なく発行できるカードがおすすめです。

ポイント還元を狙うなら基本の還元率1%以上が基準

クレジットカードには、使った金額に応じて貯まるポイント制度があります。

同じ金額をクレジットカードで支払っても、還元率によってもらえるポイント数が変わるため、少しでも還元率が高いカードを選ぶのが重要です。

クレジットカードの還元率は、一般的に0.5%のカードが多い傾向。
還元率が高いと言われるカードは、ポイント還元率1.0%以上のカードになります。

例えば基本のポイント還元率が、0.5%のカードと1.0%のカードで、もらえるポイントを比較した表がこちら。

使用金額 還元率0.5%のカードで
貯まるポイント
還元率1.0%のカードで
貯まるポイント
¥10,000 50ポイント 100ポイント
¥20,000 100ポイント 200ポイント
¥50,000 250ポイント 500ポイント
¥100,000 500ポイント 1000ポイント

例えば1ヶ月で10万円のカード支払いをする場合、還元率1.0%のカードを選んだ方が、ポイントを500ポイント多く獲得できます。

これを1年間続けた場合、6,000ポイントもの差がつきます。

クレジットカードを使い始めるタイミングが早ければ早いほど、使う金額も大きくなり、ポイント還元による恩恵も大きくなります。

まずはどのクレジットカードでもいいので、ポイント還元率が1.0%以上のカードを申し込むのがおすすめです。

よく使うお店やサービスでの優待があるかをチェック

クレジットカードには基本のポイント還元率だけでなく、特定の店舗でのみボーナスポイントをもらえる制度もあります。

例えばJCB CARD Wの場合、ポイント倍率がアップするお店が多数用意されています。

JCB CARD Wでポイント優遇があるお店
  • スターバックスカードチャージでもらえるOki Dokiポイントが10倍に
  • セブン-イレブンでもらえるOki Dokiポイントが3倍に
  • オリックスレンタカーでもらえるOki Dokiポイントが3倍に
  • Amazonの購入でもらえるOki Dokiポイントが4倍に
  • メルカリでもらえるOki Dokiポイントが2倍に

JCB CARD Wは基本のポイント還元率が1.0%で、元々高還元のクレジットカード。

日頃からスターバックスへ行くのが好きな人や、Amazonで買い物をする機会が多い人は、さらにポイントを多く受け取れるためお得です。

ポイントは使いやすさも重視!利用先の多さも確認

クレジットカードのポイントは貯めるだけでなく、使って初めて自分にとってお得になります。

貯めたポイントをどのような場所で使えるのかも、事前にチェックしておくのがおすすめ。

「貯めたポイントをAmazonギフトコードに交換したい」
「普段買えない家電や好きな商品と交換したい」

こういったように、自分がどのように貯めたポイントを使いたいかをハッキリさせておくと、より自分に合ったクレジットカードを選べます。

新規入会キャンペーンが充実したカードを狙う

新しくクレジットカードを発行する際には、新規入会キャンペーンによる特典も見逃せません。

キャンペーンが豪華なカードを狙えば、新規発行するだけで10,000円以上のキャッシュバックも狙えます。

ただし内容をしっかり確認しておかないと、せっかく発行したのにキャンペーンが適用されない…といった事態になる可能性も。

心配な人は、こちらの項目をあらかじめ確認しておきましょう。

クレジットカードのキャンペーンで確認したい項目
  • キャンペーンでポイントをもらうための条件
  • キャンペーン対象の申し込み期間
  • 不利な条件が入っていないか(リボ払いへの切り替えなど)

キャンペーンでもらえる金額が『最大◯◯◯◯円』といった表記のケースでは、ほとんどの場合キャンペーンを達成するための、条件をクリアする必要があります。

条件には『カードの公式アプリにログイン』といった簡単なものから、『入会後3ヶ月以内に◯◯◯◯円の利用』といった決められた金額を利用するものまで様々。

自分が選んだクレジットカードのキャンペーン内容が、問題なく達成できそうかも見ておくと、損せずにカードを作れます。

ジャンル別最強クレジットカード!利用先ごとにお得なカードが見つかる

クレジットカードは発行するカード会社によって、様々なメリットがあります。

例えば楽天市場でのショッピングをよくする人は、楽天が発行する楽天カードがおすすめ。
通常のクレジットカードに比べて、楽天市場でのポイント還元率が上がりお得です。

飛行機で旅行や出張の機会が多い人は、ANAやJALが発行するクレジットカードを持っておくと、マイルが効率よく貯まります。

ここからはジャンル別にどのクレジットカードが適しているのか、詳しく解説していきます。

クレジットカードは1枚だけでなく、複数枚発行して利用先ごとに使い分けもできます。

コンビニではこのカード、ガソリンを入れる時にはこのカードのように、使うお店によってカードを変えると、さらにポイントが貯まるでしょう。

ネットショッピングではJCB CARD WがAmazonでお得に買い物できる

クレジットカードの利用機会として特に多いのが、ネットショッピングでの支払い。

ネット通販会社自社のショッピングサイトの利用者を増やすために、お得なカードを発行しています。

ネットショッピングをよく使う人は、自分が普段からよく使っているサイトでポイントの優遇があるのかを確認しておきましょう。

ネットショッピングにおすすめのクレジットカード3枚
  • JCB CARD W
    AmazonでもらえるOki Dokiポイントが4倍になる!
  • 楽天カード
    楽天市場でのポイント最大15倍の最強カード
  • PayPayカード
    PayPayステップの活用でYahoo!ショッピングがおトクに

それぞれのクレジットカードが、どのショッピングサイトでおすすめなのかを解説していきます。

JCB CARD W

JCB CARD Wは優待店舗が豊富な人気の定番クレジットカード

公式サイト https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/w_a/
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0〜10.0%
国際ブランド JCB
JCB CARD WがAmazonでおすすめな理由は?
  • Amazonで貯まるOki Dokiポイントが4倍になる
  • 新規入会キャンペーンでAmazonの利用額がキャッシュバック
  • 貯めたポイントを交換不要でAmazonに使える

JCB CARD W(JCBカードW)は、Amazonでのポイントの貯めやすさと使いやすさを、両立したクレジットカード。

JCB CARD Wで1,000円の買い物ごとに貯まるポイントは、通常2ポイント。

事前ポイントアップ登録の上でAmazonで利用すると、ポイントが4倍にアップします。
貯めたポイントをAmazonで使えば、還元率は1.2%にもなります。

Amazonが直接発行するAmazon Mastercardとの違いは、ポイントの使い道の多さと還元率の高さです。

JCB CARD WはAmazonと直接連携して、Amazonの決済画面でそのまま貯めたポイントを使用可能。

JCB CARD W Amazon決済

これだけでも十分便利ですが、JCB CARD Wは他社ポイントとの交換や家電との交換など、豊富なポイントの使い道があります。

ディズニーリゾートのパークチケット購入といった、還元率が高い商品も選べます。

楽天カード

楽天カードは楽天市場でのポイント還元がとにかくお得な高還元カード

公式サイト https://www.rakuten-card.co.jp/
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%〜
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB・American Express
楽天カードが楽天市場でおすすめな理由は?
  • 楽天市場でのポイント還元率がいつでも2倍に
  • 毎月5と0のつく日は楽天市場でポイント5倍に
  • 楽天市場の利用で街の買い物でもポイント2倍に
  • SPUで楽天市場でのポイントが最大15倍に
  • 楽天市場のふるさと納税でもポイントがもらえる

楽天カードは楽天市場でのポイント還元が、とにかくお得なクレジットカード。

通常でもポイントは2倍と高めですが、毎月5と0のつく日にあるポイント5倍の開催日や、楽天市場で常時開催されているセールとの組み合わせで、さらに多くのポイントを獲得できます。

他のショッピングサイトではポイント還元の対象外にされがちな、『ふるさと納税』でもポイントをもらえるのが魅力です。

PayPayカード

PayPayカードはPayPayへのチャージ機能が便利なクレジットカード

公式サイト https://card.yahoo.co.jp/paypaycard/campaign/pre
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%~
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
PayPayカードがPayPayモールでおすすめな理由は?
  • PayPayステップでポイント還元率がアップ
  • Yahoo!ショッピングでポイント還元最大15.5%に
  • PayPayモールでポイント還元最大13.5%に

PayPayカードには、PayPayステップと呼ばれるポイントアップの制度があります。

PayPayステップ

楽天カードのSPUと同じようなサービスで、PayPay関連サービスの利用状況によって、ポイントの還元率がアップします。

Yahoo!ショッピングではポイント還元が最大13.5%と、かなりの高還元です。

PayPayモールはYahoo!ショッピングから厳選されたショップのみが出店されている、ヤフーの新しいネット通販サイト。

サイトの特徴的に、どうしてもYahoo!ショッピングより品揃えは少ないのがデメリットです。

しかし最大の還元率は15.5%と、PayPayカードを持っているとさらに効率的にポイントが付与されます。

コンビニでは最大5.0%の還元を狙える三井住友カード(NL)がおすすめ

コンビニは少額の利用が多いため、現金で払う人が多い傾向。

ただし毎日コンビニでランチなどを購入する会社員の人は、毎回の支払いをクレジットカードにしてポイントを獲得できます。

コンビニでの利用にクレジットカードを使いたい場合には、こちらの3枚が向いています。

コンビニ利用におすすめのクレジットカード3枚

それぞれのクレジットカードが、どのコンビニでの利用がおすすめなのか紹介していきます。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)はポイント還元率が高いクレジットカード

公式サイト https://www.smbc-card.com/camp/numberless_gold-numberless/index.html
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5~2.5%
国際ブランド VISA・Mastercard
三井住友カード(NL)がコンビニでおすすめな理由は?
  • 大手コンビニ3社でポイント2.5%還元※される
  • さらにVisaのタッチ決済を使うと5.0%還元※にアップ!
  • 貯めたVポイントはVisaのタッチ決済やiDでコンビニ払いに使える

コンビニでクレジットカードを使うのであれば、三井住友カード(NL)が最も適しています。

セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンのどこで使っても、ポイントの優遇があります。

対象店舗の支払いを三井住友カード(NL)にするだけで、通常の0.5%還元にプラスで2%が還元※されます。

それだけでも十分お得ですが、支払いをタッチ決済にするとさらにポイントがプラスで2.5%加算。

最大5.0%もの還元※を受けられます。

※ 一部の店舗ではポイント加算対象外となる場合や、指定のポイント還元にならない場合があります。

※ 一部店舗では、Visaのタッチ決済やMastercardコンタクトレスをご利用できない場合があります。一定金額(原則1万円(税込))を超えた場合は、タッチ決済でなく決済端末にカードを挿しての支払いが必要にな流場合があります。その場合の支払い分は、+2.5%還元の対象外となります。 タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合があります。

コンビニでの平均利用額は、755円ほどとなっています。
(参照:コンビニ1回の買い物平均額は755円! ついコンビニで買ってしまうものは? | マイナビニュース)

例えばコンビニで週に3回750円を使う人の場合、1ヶ月で約450ポイントが貯まる計算に。

1年積み上げると5,400ポイントほどになるため、なるべく早くから三井住友カード(NL)を使い始めるのがおすすめです。

貯めたポイントは、Visaのタッチ決済での支払いに使えます。

コンビニで貯めたポイントをコンビニでそのまま使う…のように、交換の手間なくいつでもポイントの恩恵を受けられるのが嬉しいです。

JCB CARD W

JCB CARD Wは優待店舗が豊富な人気の定番クレジットカード

公式サイト https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/w_a/
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0〜10.0%
国際ブランド JCB
JCB CARD Wがコンビニでおすすめな理由は?
  • セブン-イレブンでOki Dokiポイントが3倍にアップ!
  • 貯めたOki Dokiポイントを楽天ポイントやnanacoへ移行できる

JCB CARD Wはネットショッピングなど活躍する場面の多いクレジットカードですが、コンビニでの利用にもおすすめ。

JCBカードでのポイント優遇があるお店『JCBオリジナルシリーズパートナー』の中には、セブン-イレブンが入っています。

セブン-イレブンでもらえるOki Dokiポイントは3倍

事前にポイントアップ登録をしておくと、セブン-イレブンでもらえるOki Dokiポイントは3倍です。

Oki Dokiポイントは、1ポイント3〜5円ほどの価値になります。
倍率が高い交換先を選ぶと、1.5%ほどの還元率を実現できます。

ローソン Pontaプラス

ローソン Pontaカードはローソンで使うのにおすすめなクレジットカード

公式サイト https://www.lawsonbank.jp/lp/lp_credit.html
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Mastercard
ローソン Pontaプラスがコンビニでおすすめな理由は?
  • ローソンでもらえるPontaポイントがいつでも2倍に
  • 毎月10・20日はローソンでのPontaポイントが4倍に
  • さらにローソンアプリでエントリーするとポイントが6倍に

ローソン Pontaプラスはローソンで使うと、ポイントの優遇があるクレジットカード。

ローソンで使った場合は最大6.0%還元と、トップクラスの還元率になります。

年会費無料で発行できるため、とりあえず発行してローソンでの支払いにのみ使うといった、柔軟な使い方もできます。

家の近くにローソンがある人は、発行しておいて損はないカードです。

貯めたPontaポイントは、ローソン以外でもPontaに対応しているすべてのお店で気軽に使えます。

レジャー施設ではカラオケや遊園地での優待が豊富なエポスカード

カラオケや遊園地、水族館といったレジャー施設でも、使うクレジットカードによって優待を受けられます。

レジャー施設におすすめのクレジットカード3枚

ここからは休日のお出かけで役に立つクレジットカードを紹介していきます。

エポスカード

エポスカードは持っているだけで色んなお店で優待がある

公式サイト https://www.eposcard.co.jp/index.html
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA・ Mastercard・JCB・American Express
エポスカードがレジャー施設でおすすめな理由は?
  • カラオケ館やビッグエコーなどのカラオケ施設で割引がある
  • 富士急ハイランドやハウステンボスで割引がある
  • 動物園や水族館での優待がある
  • 温泉施設やスパに優待料金で入れる
  • ボウリング場やスポーツ施設など優待店舗多数

エポスカードは数あるクレジットカードの中でも、優待店舗の幅広さが魅力のクレジットカード。

カラオケやテーマパークといったレジャー施設を、通常よりも安い割引料金で利用できます。

優待店舗は全国に10,000店舗以上あり、公式サイト『エポトクプラザ』で近くの優待店舗を探せます。

子供と出かける機会が多い家族連れや、友達と遊びに出かけたい大学生の人に、おすすめのクレジットカードです。

イオンカード(ミニオンズ)

イオンカード(ミニオンズ)

公式サイト https://www.aeon.co.jp/campaign/lp/minions/
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%〜10.0%
国際ブランド VISA・ Mastercard
イオンカード(ミニオンズ)がレジャー施設でおすすめな理由は?
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでのカード利用でポイント10倍
  • 貯めたポイントをミニオンズのオリジナルグッズに交換できる

イオンカード(ミニオンズ)は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの利用におすすめなクレジットカード。

USJ内で使うとポイントが10倍になり、200円の買い物ごとに10ポイントが貯まります。

特におすすめな使い方が、USJの年間パスポートの購入への利用。

現在年間パスポートの金額は、37,800円(税込)となっています。

これをUSJ内でイオンカード(ミニオンズ)を使って支払うと、一気に1,890ポイントが貯まります。

USJを存分に楽しみたい人は、ぜひ持っておきたい1枚です。

JCBプラチナ

JCBプラチナ

公式サイト https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/platinum/
年会費 27,500円(税込)
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド JCB
JCBプラチナがレジャー施設でおすすめな理由は?
  • ディズニーリゾートのキャンペーンやイベントに応募できる
  • JCBトラベルのディズニーリゾートのプラン購入でポイントが貯まる
  • USJにある『ザ・フライング・ダイナソー』のラウンジを使える
  • 貯めたポイントをディズニーリゾートやUSJのチケットに交換できる

JCBはディズニーリゾートや、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルスポンサーの企業です。

そんなJCBが発行するクレジットカードの中でも、上位クラスの『JCBプラチナ』では、ディズニーリゾートやUSJについての様々な特典が用意されています。

USJでは人気アトラクションの『ザ・フライング・ダイナソー』では、ラウンジを利用して並ばずにアトラクションを楽しめます。

最上位カードの『JCBザ・クラス』へアップグレードすると、ディズニーリゾートの『ニモ&フレンズ・シーライダー』や『スター・ツアーズ』でもラウンジを利用可能。

他のクレジットカードにはない、特別感を味わいたい人におすすめのクレジットカードです。

スーパーではイオンで毎月5%オフで買い物できるイオンカードがおすすめ

クレジットカードは、スーパーでよく買い物をする人にもおすすめです。

生活の中でも使う金額が大きい、食費を払うスーパーでお得なクレジットカードを持っておくと便利。

特に家族全員分の食料をスーパーで買う主婦の人には、使うだけでポイントが貯まっていくカードは必須アイテムでしょう。

スーパーにおすすめのクレジットカード3枚

特にスーパーでの利用に向いている、クレジットカードがこちら。

イオンカード

イオンカードはイオンでのショッピングの必須アイテム!主婦にもおすすめのカード

公式サイト https://www.neolife.co.jp/contents/creditcard-recommend/
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA・ Mastercard・JCB
イオンカードがスーパーでおすすめな理由は?
  • 全国にあるイオンモールの対象店舗でポイント2倍に
  • 毎月20と30日のお客様感謝デーは5%オフで買い物できる
  • 55歳以上の人はイオンで毎月15日は5%オフになる
  • ダイエーやマックスバリュでもポイントが2倍に

イオンカードは、イオングループが直接発行しているクレジットカード。

イオンのスーパーで使うとポイントが2倍になり、お得に食料を購入できます。

イオンカードは、イオンでの優待キャンペーンが充実しているのがメリット。

中でも毎月20日と30日に開催される『お客様感謝デー』は、イオンやマックスバリュなどの店舗で5%オフになります。

ダイエーなどでもポイントの優待があり、スーパーでの利用にぴったりなクレジットカード。

イオンで食材をよく買う人や、近くにイオンがある人におすすめしたい1枚です。

セゾンカード インターナショナル

セゾンカード インターナショナルはスタンダードで使いやすいクレジットカード

公式サイト https://www.saisoncard.co.jp/am_lp/saison-pro02/
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA・ Mastercard・JCB
セゾンカードがスーパーでおすすめな理由
  • 毎月の『セゾンカード感謝デー』に西友などで5%オフに

セゾンカードインターナショナルは、毎月開催される『セゾンカード感謝デー』を活用してスーパーで安く買い物できるクレジットカード。

セゾンカード感謝デーには西友、リヴィン、サニーでの支払いにセゾンカードを使うと、食材だけでなく家電や衣類品なども5%オフで買い物できます。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスはnanacoの利用とチャージでポイントが貯まる

公式サイト https://www.7card.co.jp/lp/plus/aff3/index.html
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5~1.0%
国際ブランド VISA・JCB
セブンカード・プラスがスーパーでおすすめな理由
  • イトーヨーカドーの買い物でポイントが通常の2倍に
  • イトーヨーカドーで8の付く日は5%オフ!
  • イトーヨーカドーのネットスーパーでもポイントが貯まる

セブンカード・プラスは、セブン&アイグループの店舗で使うとポイントが2倍になるクレジットカード。

200円の買い物ごとに2ポイントを獲得できます。

イトーヨーカドーにて毎月開催される『ハッピーデー』では、8日、18日、28日の付く日に5%オフで買い物ができてお得。

食料品だけでなく、衣料品などの品揃えも豊富なイトーヨーカドーで割引があるため使いやすいです。

携帯電話を安くしたい人にはdカード GOLDがおすすめ

クレジットカードの中にはドコモやauといった、大手携帯キャリアから発行されているカードも多数あります。

自分が契約しているキャリアのクレジットカードを選んで、毎月支払うスマホ料金を安くできる可能性も。

携帯料金が安くなるおすすめクレジットカード3枚

ここからはスマホ料金を安くしたい人に、おすすめなクレジットカードを紹介していきます。

dカード GOLD

dカード GOLDはドコモの利用料金が10%オフで年会費以上にお得

公式サイト https://info.d-card.jp/std/topics/af/gold.html
年会費 11,000円(税込)
ポイント還元率 1.0%〜
国際ブランド VISA・Mastercard
dカード GOLDはドコモユーザーにおすすめ!
  • ドコモのケータイ利用料金が毎月10%ポイント還元!
  • ケータイ補償付きで故障のサポートも万全

dカード GOLDはスマホのキャリアが、ドコモの人におすすめのクレジットカード。

通常のdカードにはない特徴が、ドコモケータイやドコモ光の支払いで10%が還元されること。

例えばドコモの『5G ギガプレミア』は、月額料金が7,315円です。

dカード GOLDでこの料金を支払うと、毎月約732ポイントが貯まります。

ドコモ光も合わせて使うと、年間12,000ポイント以上の獲得も可能で、年会費以上の還元があります。

au Payゴールドカード

au Payゴールドカード

公式サイト https://www.kddi-fs.com/function/promotion/goldlp/
年会費 11,000円(税込)
ポイント還元率 1.0%〜
国際ブランド VISA・Mastercard
au Payゴールドカードがauユーザーにおすすめ!
  • au携帯料金の最大11%をポイント還元
  • au Payの残高チャージとコード支払いで2.5%ポイント還元

au Payゴールドカードは、auでスマホを使っている人に特におすすめのクレジットカード。

au携帯料金をau Payゴールドカードで支払うとプラスで10%のポイント還元があり、通常の1%還元と合わせて、最大11%の還元を受けられます。

au Payゴールドカードは、貯めたPontaポイントを使いやすいのも魅力。

通販サイトのau Payマーケットでも使用でき、最大18%の還元があります。

VIASOカード

VIASOカードはポイントが自動でキャッシュバックされるから失効の心配ナシ

公式サイト https://www.cr.mufg.jp/apply/card/m_viaso/index.html
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Mastercard
VIASOカードが携帯料金を安くするのにおすすめな理由
  • 携帯料金の支払いに使うとポイントが2倍に

VIASOカードは携帯キャリアが直接発行するカードではありませんが、携帯料金の支払いにおすすめです。

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの支払いにVIASOカードを使うと、もらえるポイントが通常の2倍にアップ。

年会費無料のクレジットカードで、携帯料金を安くしたい人にはVIASOカードが向いています。

銀行では三井住友銀行ATMの手数料が無料の三井住友カード

銀行が発行するクレジットカードを使うと、対象銀行のATMが無料になるなどのメリットが多数あります。

銀行は給料の受け取りなどで、生活から切り離せないサービスのひとつ。

自分が使う銀行のクレジットカードを持っておくと、ATM手数料を常に節約できます。

銀行のおすすめクレジットカード3枚

中にはクレジットカードと、銀行のキャッシュカードの機能が一体化されたカードもあります。

持ち歩くカードの枚数を少なくして、紛失のリスクを減らせるのも、銀行系クレジットカードのメリットです。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)はポイント還元率が高いクレジットカード

公式サイト https://www.smbc-card.com/camp/numberless_gold-numberless/index.html
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5~2.5%
国際ブランド VISA・Mastercard
三井住友カード(NL)がおすすめな銀行は?
  • 三井住友銀行のATM時間外手数料が0円に
  • 三菱UFJ銀行の店舗外ATM時間外手数料が0円に
  • コンビニATMの時間外手数料とATM利用手数料が0円に

三井住友カード(NL)は三井住友銀行や、三菱UFJ銀行を使っている人におすすめのクレジットカード。

それぞれのATM時間外手数料が月何回でも無料となります。

コンビニATMの利用でも、時間外手数料とATM手数料が月1回までは無料。

昼は仕事に行っており、どうしてもATM時間外の夜にお金を引き落とす機会が多い人に向いているクレジットカードです。

ナンバーレスのデザインでセキュリティ性に優れているのも、銀行系のカードらしい特徴です。

三菱UFJカード

三菱UFJカードは使えば使うほどポイント還元率がアップする

公式サイト https://www.cr.mufg.jp/landing/mucard/li_kw/index.html
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.4%〜0.6%
国際ブランド VISA・ Mastercard・JCB・American Express
三菱UFJカードがおすすめな銀行は?
  • 三菱UFJ銀行を支払口座にするとキャッシュカード&通帳再発行手数料が還元
  • 三菱UFJ銀行を支払口座にすると1,000Pontaポイントがもらえる

三菱UFJカードは三菱UFJ銀行を支払口座に設定すると、お得になるクレジットカード。

キャッシュカードや通帳を再発行する際に、手数料が還元されるサービスがあります。

1,000Pontaポイントがプレゼントされる特典も適用されます。

三菱UFJカードと三菱UFJ銀行は、セットで利用するのがおすすめの組み合わせです。

楽天銀行カード

楽天銀行カード

公式サイト https://www.rakuten-bank.co.jp/card/rc/
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%〜
国際ブランド JCB
楽天銀行カードがおすすめな銀行は?
  • 楽天銀行のキャッシュカードと楽天カードが一体化
  • 楽天市場でのポイント倍率が3倍に!

楽天銀行カードは、通常の楽天カードに楽天銀行のキャッシュカード機能が付いたクレジットカード。

2枚のカードを1枚にまとめられるため、財布がかさばらなくなります。

楽天市場のポイントアップ制度『SPU』には、楽天カードの支払いを楽天銀行で行うと、ポイント倍率が+1倍になる項目があります。

楽天銀行カードは、引き落とし口座が自動的に楽天銀行へ設定されるため、楽天市場でのポイント倍率が常に3倍以上になります。

通常の楽天カードと比べると、こちらのデメリットもあります。

  • 選べるカードのデザインが少ない
  • 選べる国際ブランドはJCBのみ
  • 2枚目の楽天カードを発行できなくなる
  • ゴールドカードやプレミアムカードといった上位カードがない

楽天ゴールドカードなどへの切り替えも検討したい人は、通常の楽天カードがおすすめです。

投資をする人は利用サービスのクレジットカードが向いている

クレジットカードの中には、投資をしている人向けのサービスに特化した、珍しいタイプのカードもあります。

投資におすすめのクレジットカード2枚

投資信託や仮想通貨など、自分が取引している金融商品に合わせたクレジットカードを選びましょう。

MATSUI SECURITIES CARD

MATSUI SECURITIES CARD

公式サイト https://www.matsui.co.jp/event/point-card/
年会費 初年度無料※
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Mastercard

※ 翌年以降も前年に1回以上クレジットカード利用があれば、年会費無料。
※ 通常年会費:1,375円(税込)

MATSUI SECURITIES CARDは投資信託におすすめ!
  • 貯めたポイントで投資信託を購入できる
  • 貯めたポイントを自動積立で運用できる
  • 松井証券の顧客サポートを受けられる

MATSUI SECURITIES CARDは、証券会社である松井証券が発行するクレジットカード。

特徴は、カード利用で貯まる『松井証券ポイント』で投資信託を購入できること。

こちらの3つの投資信託商品の中から、自分で選んだものへ交換できます。

MATSUI SECURITIES CARDで交換できる投資信託
  • ひふみプラス
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

貯めたポイントのみで運用できるため、資金を用意しなくても手軽に投資信託をスタートできます。

投資を始めてみたいけどなかなか踏み出せない…といった人は、クレジットカードの発行を機に初めてみるのもおすすめです。

bitFlyer Credit Card

bitFlyer Credit Card

公式サイト https://bitflyer.com/creditcard
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Mastercard
bitFlyer Credit Cardは仮想通貨取引におすすめ!
  • カード利用で仮想通貨が貯まる!
  • 貯まるビットコインには有効期限がない
  • 入会キャンペーンでもビットコインをもらえる

bitFlyer Credit Cardは、仮想通貨の販売所を運営するbitFlyer(ビットフライヤー)から発行されているクレジットカード。

最大の特徴は貯めたポイントを、自動でビットコインへ交換できること。

bitFlyer Credit Cardで200円の支払いをするごとに1ポイントが貯まり、ビットコインがbitFlyerのアカウントへ反映されます。

通常クレジットカードのポイントの場合、ポイントの価値は発行会社が決めています。

ビットコインの場合は、ポイントの価値は常に推移するため、一気に価値が上昇する可能性もあるのがメリットです。

自動車によく乗る人にはガソリンの割引があるENEOSカード

自動車系のクレジットカードは、主にガソリンスタンドから発行されています。

ガソリン代が安くなる、ロードサービスを手軽に受けられるなどのメリットがあります。

休日にドライブへ行くのが趣味の人は、メインのクレジットカードに合わせてこちらのクレジットカードも作っておくのがおすすめ。

自動車好きにおすすめのクレジットカード2枚
  • ENEOSカード
    ガソリンがいつでもリッター2円引きになる!
  • CLUB AJカード
    事故などのトラブル時にも活躍するカード

ガソリンの給油に使う平均金額は、年間8〜12万円ほどで大きな金額になります。

(参考:【車の維持費についての調査】多くはガソリン代、駐車場代に5千円~1万円、任意保険は5千円未満の支払い|おトクにマイカー 定額カルモくんのプレスリリース)

この金額をすべて自動車向けクレジットカードで払うと、かなりのポイントが貯まることに。

選ぶ際には店舗数が多いガソリンスタンドのカードにすると、旅行先でも普段通りの還元を受けられます。

ENEOSカード

ENEOSカード

公式サイト https://www.eneos.co.jp/card_cps/index.html
年会費 初年度無料※
ポイント還元率 0.6%
国際ブランド VISA・JCB

※ 年1回以上の利用があれば、翌年以降も無料。
※ 通常年会費:1,375円(税込)

ENEOSカードが自動車系でおすすめな理由
  • ENEOSのガソリンがいつでも2円/L割引される
  • ENEOSのロードサービスを活用できる
  • カーコンビニ倶楽部での修理代が5%オフ
  • オリックスレンタカーの料金が10%オフ

ENEOSカードを使うと、ENEOSのガソリンスタンドでの給油で2円/L引きになります。

ENEOS SS(サービスステーション)の店舗数は、日本トップクラスの13,300箇所以上※もあります。

車を持っている人であれば、都心に住んでいる人から地方住みの人まで、全国どこで使ってもお得なクレジットカードです。

ENEOSカードには、ロードサービスの特典があるのもメリット。

  • レッカー移動が10kmまで無料
  • 路上修理が30分まで無料

ドライブ中に万が一、タイヤのパンクやガソリン切れなどが起きてしまった場合にも、クレジットカード1枚で備えられます。

(参考 : ENEOSについて|ABOUT US|株式会社ENEOSウイング)

CLUB AJカード

CLUB AJカード

公式サイト https://www.jaccs.co.jp/ajcard_lp1/
年会費 初年度無料※
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Mastercard

※ 前年のカード利用合計金額が10万円以上の場合は、翌年も無料になります。
※ 前年のカード利用合計金額が10万円未満の場合は、年会費2,200円(税込)が発生します。

CLUB AJカードが自動車系でおすすめな理由
  • レッカーかけつけサービスで50kmまでの牽引が無料
  • 故障時緊急修理サービスで30分の修理無料
  • 助手席に乗っていても補償が適用される
  • レジャー施設や旅行先で『J’sコンシェル』の優待を受けられる

CLUB AJカード(クラブエージェーカード)は、運転中に起きたトラブルに強いクレジットカード。

レッカーかけつけサービスや故障時緊急修理サービスで、万が一事故に遭った場合にも、落ち着いて対応できます。

CLUB AJカードを含むジャックスカードでは、『J’sコンシェル』と呼ばれるカード会員専用のサービスが利用可能。

ホテルや旅館、遊園地などの休日のお出かけに使える優待が揃っています。

電車にはSuicaとしても使える「ビュー・スイカ」カード

鉄道会社などが発行する交通系クレジットカードは、電車や新幹線の乗車でポイントが貯まるカードが多くあります。

交通系でおすすめのクレジットカード 2枚

交通系のクレジットカードは、交通系ICと一体化できるタイプが多くあります。

SuicaやPASMOといった交通系ICを、クレジットカードと1枚にまとめられるため便利です。

「ビュー・スイカ」カード

電車での通勤・通学がもっと便利になる「ビュー・スイカ」カード

公式サイト https://www.jreast.co.jp/card/campaign/adm/viewsuica.html
年会費 524円(税込)
ポイント還元率 0.5~3.68%
国際ブランド VISA・ Mastercard・JCB
「ビュー・スイカ」カードが交通系でおすすめな理由
  • Suicaとの一体型カードで定期券にもなる
  • Suicaのオートチャージ機能で便利に使える
  • モバイルSuicaやえきねっとのきっぷ購入でポイントが貯まる

「ビュー・スイカ」カードはJR東日本グループより発行されているクレジットカードで、JRの電車利用に使える機能が揃っています。

カードにはSuicaの機能が付帯しており、定期券としても使える利便性の高さがあります。

また「ビュー・スイカ」カードを使って、モバイルSuicaの定期感を購入すると、5%の還元を受けられます。

1ヶ月の定期代が10,000円の場合、「ビュー・スイカ」カードを使うと貯まるポイントは500ポイント。

1年間では、合計6,000ポイントも還元されます。

TOKYU CARD ClubQ JMB

TOKYU CARD ClubQ JMB

公式サイト https://www.topcard.co.jp/card/jmbpasmo.html
年会費 初年度無料※
ポイント還元率 0.5%〜
国際ブランド VISA・ Mastercard

※ 翌年以降年会費:1,100円(税込)

TOKYU CARD ClubQ JMBが交通系でおすすめな理由
  • PASMOとの一体型カードで定期券にもなる
  • PASMOのオートチャージサービスを設定できる
  • 東急線のPASMO定期券購入でポイント1%還元に
  • PASMOに貯めたポイントをそのままチャージして使える

TOKYU CARD ClubQ JMBは、東急線を利用する人におすすめのクレジットカード。

クレジットカードとPASMOの機能が一体化されており、定期券にもなる便利なカードです。

PASMOで東急線の定期券を購入すると、ポイントが通常の2倍となる1%還元になります。

貯めたTOKYUポイントは直接PASMOへチャージして使えるため、ポイント交換を忘れるといった不安もありません。

飛行機でマイルを貯めたい人はANAカードを選べば間違いない

出張で飛行機に乗る機会が多い人や海外旅行へよく行く人は、クレジットカードを使いこなせると、マイルを効率よく貯められます

マイルとは?

マイルとは、航空会社によるポイントプログラムのこと。

貯める方法は飛行機に乗るだけでなく、航空会社のクレジットカードでの支払いをするなどでも貯められます。

近年は飛行機に乗らずに、日常生活のカード払いだけでマイルを貯める『陸マイラー』と呼ばれる人たちも急増しています。

航空系でおすすめのクレジットカード 3枚

クレジットカードの還元で航空券との交換も目指せる、おすすめの航空系クレジットカードを紹介していきます。

ANA一般カード

マイルが貯めやすく飛行機がお得に乗れるANA一般カード

公式サイト https://www.jcb.co.jp/promotion/jcb_anacard/cp1.html
年会費 初年度無料
通常:2,200円(税込)
ポイント還元率 0.5〜2.0%
国際ブランド VISA・JCB
ANA一般カードが航空系でおすすめな理由
  • カード入会や継続で1,000マイルがもらえる!
  • ANA航空券を購入するとマイルが貯まる
  • 日常の買い物でもマイルを貯められる

ANA一般カードは、ANAより発行されているクレジットカード。

日常の生活では1,000円ごとに5マイル、ANA航空券の購入では100円ごとに1.5マイルが貯まります。

航空系カードは年会費が高いカードが多い傾向ですが、ANA一般カードは初年度無料で気軽に発行できるのがメリットです。

ANAアメックス・ゴールドカード

ANAアメックス・ゴールドカード

公式サイト https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/ana-gold-card/
年会費 34,100円(税込)
ポイント還元率 0.5~1.0%ほど
国際ブランド American Express
ANAアメックス・ゴールドカードが航空系でおすすめな理由
  • ANAの航空券の支払いでマイルが貯まる
  • 国内海外29カ所の空港ラウンジを無料で利用できる
  • 手荷物宅配など空港関係のサービスが充実

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ANAとAmerican Expressが提携して発行している航空系クレジットカード。

ゴールドカードの中でも年会費は3万円以上と高めの傾向で、アメックスのステータス性とマイルの貯まりやすさを両立したカードです。

入会や継続をするだけで毎年2,000マイルが付与されるため、持っているだけで得があるクレジットカードです。

JALカード

JALカード

公式サイト https://www.jal.co.jp/jp/ja/jmb/
年会費 初年度無料
通常:2,200円(税込)
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA・ Mastercard・JCB
JALカードが航空系でおすすめな理由
  • JAL航空券の購入でマイルを貯めやすい
  • 普段の買い物200円ごとに1マイルが貯まる
  • 海外や国内の旅行傷害保険付帯でトラブルも対策

JALカードはJALが発行する、マイルを貯めるのに向いているクレジットカード。

以下のように、飛行機の搭乗でボーナスマイルがもらえる特典が揃っています。

入会搭乗のボーナス 1,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル
搭乗ごとのボーナス フライトマイル10%プラス

日常の買い物でも、200円の支払いごとに1マイルを貯められます。

普段から使う航空会社をANAかJALのどちらかに決めて、クレジットカードを申し込みするのがおすすめです。

旅行好きには毎年豪華ホテルに宿泊できるSPGアメックス

旅行に行くのが好きな人は、選ぶクレジットカードによって宿泊先のホテルで、サービスを受けれる可能性があります。

旅行系でおすすめのクレジットカード 2枚

ホテルでの優待や、旅行関連のサービスを受けたい人におすすめのクレジットカードを厳選したので、参考にしてみてください。

SPGアメックス

SPGアメックス

公式サイト https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/starwood-preferred-guest-card/
年会費 34,100円(税込)
ポイント還元率 1.0%〜
国際ブランド American Express
SPGアメックスが旅行系でおすすめな理由
  • カード継続で豪華ホテルの無料宿泊特典をプレゼント
  • 対象ホテル内のレストランやバーで料金15%オフに

SPGアメックスは毎年のカード継続で、高級ホテルの無料宿泊の特典をもらえるクレジットカード。

Marriott Bonvoy』というプログラムに参加しているホテルの、スタンダードルームに無料で泊まれます。

Marriott Bonvoyの参加ホテル
  • ウェスティンホテル
  • シェラトンホテル
  • ザ リッツ カールトン
  • マリオットホテル

など

どれも一流のホテルばかりで、年会費分の元を取れるサービスとなっています。

Marriott Bonvoyは海外にも参加ホテルが多数あるため、気軽に外国へ行けるようになった時にも役立ちます。

SNSなどでも話題となっている、注目度の高いクレジットカードです。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

公式サイト https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/
年会費 11,000円(税込)
ポイント還元率 1.0%〜
国際ブランド VISA・ Mastercard・JCB・American Express
楽天プレミアムカードが旅行系でおすすめな理由
  • プライオリティ・パスを無料で発行できる
  • 選べる特典サービスからトラベルコースを選択できる

楽天プレミアムカードは、楽天カードの最高クラスにあたるクレジットカード。

特徴は『プライオリティ・パス』を無料で発行できること。

プライオリティ・パスとは?

プライオリティ・パスとは国内海外の空港ラウンジで、ドリンクサービスなどを受けられる会員制度です。

楽天プレミアムカードを持っていると、通常48,000円※ほどの年会費がかかるプライオリティ・パスを、無料で発行できます。

楽天市場でのポイント還元率も優秀ですが、旅行サポートのカードとしてもコスパがいい1枚です。

※ 楽天プレミアムカードで発行できるプライオリティ・パスのプレステージ会員の年会費はUS$429となっています。

レストランで優待を受けたいならダイナースのクレジットカード一択

クレジットカードの中でも、ゴールドカードなどのステータス性に優れているカードには、レストランなどで優待を受けられるタイプもあります。

レストランでおすすめのクレジットカード 3枚

誕生日祝いなどの特別な日に利用する高級なレストランで、割引や招待を受けられるクレジットカードを紹介します。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

公式サイト https://www.diners.co.jp/ja/entry_form/lp/web/index.html
年会費 24,200円(税込)
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド Diners
ダイナースクラブカードがレストランでおすすめな理由
  • 人気レストランをいち早く予約できるサービスが付帯
  • 対象レストランのおすすめコースを1人分無料で楽しめる

ダイナースクラブカードは、申し込み年齢が27歳以上に制限されいます。
ゴールドカード並の、ステータス性があるクレジットカードです。

ゴルフやホテルなどの優待さービスが揃っていますが、特に充実しているのがグルメのサービス。

ダイナースのカードを持っているだけで、こちらの特典をすべて受けられます。

ダイナースのグルメ関連の優待サービス

エグゼクティブ ダイニング 対象レストランにてコース料理1人分が無料
ごほうび予約 人気対象レストランの予約案内サービス
Wishダイニング 人気対象レストランの予約案内サービス
『ビフテキのカワムラ』の特別優待 神戸ビーフを楽しめる『ビフテキのカワムラ』での会員優待
『ひらまつ』の特別優待 レストラン『ひらまつ』での会員優待
料亭プラン 高級料亭の予約案内サービス
ナイト イン 銀座 銀座の高級バーやオーセンティックバーでの会員優待サービス
デュカス・パリとのパートナーシップ フランス料理『デュカス・パリ』の会員優待サービス

グルメについてのサービスだけで8種類以上もあり、ホテルレストランから料亭までの幅広いジャンルのお店で優待を受けられます。

ステータスカードのため日常の使いづらさはあるものの、大人のひとときを満喫したい人にはおすすめのクレジットカードです。

TRUST CLUB プラチナマスターカード

TRUST CLUB プラチナマスターカード

公式サイト https://www.sumitclub.jp/entry_form/lp/platinummaster/index.html
年会費 3,300円(税込)
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Mastercard
TRUST CLUB プラチナマスターカードがレストランでおすすめな理由
  • 招待日和おすすめレストランで1人分無料に
  • るるぶモール厳選のレストランで使える割引クーポンをもらえる
  • ワインスクールを優待サービスで受講できる

TRUST CLUB プラチナマスターカードは年会費3,000円ほどの、リーズナブルな年会費が特徴のクレジットカード。

『ダイニング by 招待日和』の特典で全国のレストラン250店舗にて、所定のコース料理2人以上予約で、1人分が無料になります。

招待日和でのグルメサービスは他のクレジットカードにもありますが、年会費が1〜3万円ほどと、ステータスカードがほとんど。

安い年会費で上質なサービスを受けられるのが、TRUST CLUB プラチナマスターカードのメリットです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・カード・ゴールドは旅行とグルメのサービスが充実のステータスカード

公式サイト https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/gold-card/
年会費 31,900円(税込)
ポイント還元率 0.5〜1.0%ほど
国際ブランド American Express
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがレストランでおすすめな理由
  • 招待日和の厳選レストランのコース料金が1人分無料に
  • 国内対象ホテルで使える15,000円分のクーポンをもらえる

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、特別感のあるAmerican Expressのカードの中でも、ステータス性十分のゴールドカード。

特典は数多くありますが、中でも注目したいのが『ゴールド・ダイニングby招待日和』です。

招待日和へ掲載されているレストランのコースメニューを2人以上で予約すると、1人分のコース料金が無料になります。

『ザ・ホテル・コレクション』の対象サイトで使える。15,000円のクーポン※がもらえるのもメリット。

他社のクレジットカードでは太刀打ちできない、年会費以上に価値のあるサービスが揃っています。

※ 『ザ・ホテル・コレクション』の国内対象ホテルにて、2泊以上の宿泊予約で使用できます。

ショッピングモールでは三井ショッピングパークカードが優秀

ショッピングモールが発行するクレジットカードは、発行元のお店で割引などのサービスを受けられます。

ショッピングにおすすめのクレジットカード3枚

ショッピングモールにあるファッションブランドで服を買うのが好きな人や、休日に買い物するのが好きな人にはおすすめです。

三井ショッピングパークカード

三井ショッピングパークカード

公式サイト https://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca150.html
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA・ Mastercard・JCB・American Express
三井ショッピングパークカードがショッピングにおすすめな理由
  • 三井系のショッピングパークで2.5%の還元!
  • 全国のららぽーとや三井アウトレットパークが対象店舗に
  • 永久不滅ポイントがダブルで貯まる!

三井ショッピングパークカードは、ららぽーとや三井アウトレットパークなどで2.5%の還元を受けられるのがメリット。

貯まった三井ショッピングパークポイントは、交換の手間なくそのまま買い物に利用できます。

三井ショッピングパークカードは、セゾンカードとの提携で発行されています。

セゾンカード独自の『永久不滅ポイント』も貯まるため、ポイントを二重取りできるのも嬉しいです。

エポスカード

エポスカード

公式サイト https://www.eposcard.co.jp/index.html
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA・ Mastercard・JCB・American Express
エポスカードがショッピングにおすすめな理由
  • マルイやモディの店舗でセール期間中は5%オフに!
  • 全国の商業施設で使える優待の特典付き

エポスカードはマルイやモディのお店でのショッピングが、お得になるクレジットカード。

『マルコとマルオの7日間』の期間中は、マルイやモディの店舗とネット通販での買い物が10%オフとなります。

実店舗だけでなく、ネットショッピングでも優待があるのがメリット。

買い物に出かける時間をなかなか取れない人でも、エポスカードを持っていればお得に買い物できます。

エムアイゴールド プラスゴールド

エムアイゴールド プラスゴールド

公式サイト https://www2.micard.co.jp/card/plusgold.html
年会費 条件達成で初年度無料
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA・American Express
エムアイゴールド プラスゴールドがショッピングにおすすめな理由
  • 三越伊勢丹グループで還元率が初年度から8%に
  • 翌年以降の利用額で三越伊勢丹グループで還元率が10%に
  • ラシックで3%、ルクアで2.5%の還元を受けられる

エムアイゴールド プラスゴールドは、三越伊勢丹グループ百貨店での買い物がお得になるクレジットカード。

三越伊勢丹グループ百貨店での利用額に応じて、ポイント還元率がアップする制度があります。

条件 三越伊勢丹グループでの還元率
前年の年間買い物額
30万円(税込)未満
5.0%
前年の年間買い物額
30万円(税込)以上
8.0%
前年の年間買い物額
100万円(税込)以上
10.0%

発行すると初年度から、三越伊勢丹グループ百貨店での還元率は8%が適用。

前年に100万円以上の買い物があると、翌年以降は還元率10%とさらに高くなります。

自分が着る服や大事な人へのプレゼントの購入先を、三越伊勢丹グループに統一してエムアイゴールド プラスゴールドで支払うと、かなりのポイント還元を受けられます。

クレジットカードの便利な使い方を紹介!生活を変える活用方法がわかる

最近のクレジットカードは支払いをするためだけでなく、持っておくだけで便利な様々な機能が揃っています。

ここからはクレジットカードをさらに使いこなすための、豆知識や活用方法について解説していきます。

知らないと損するクレジットカードについての知識を高めて、さらに便利に使えるようになりましょう。

タッチ決済やスマホ決済で財布いらずのスマートな支払いができる

クレジットカードの便利な使い方を紹介!生活を変える活用方法がわかる

クレジットカードで支払いをする際の流れは、決済機にカードを挿入して、暗証番号を入力するのが一般的でした。

この方法では支払いのたびに暗証番号が必要になる、店員にクレジットカードを渡す必要があるといった手間が発生していました。

海外で利用する場合、カードを渡した店員に番号を盗み見され、不正利用されるといったリスクも大きくなります。

近年のクレジットカードには、カードをかざすだけのタッチ決済や、財布からカードを取り出さずに決済できるスマホ決済などが搭載されています。

クレジットカードのタッチ決済はカードをかざすだけで簡単!

タッチ決済(コンタクトレス決済)は、クレジットカードを専用の読み取り機にかざすだけで決済が完了する支払い方法。

サインや暗証番号の入力が不要になるため、これまでよりスムーズな支払いができるようになります。

タッチ決済を利用できるのは、こちらのマークがクレジットカードと支払いをする場所に付いている場合です。

クレジットカードを選ぶ際には、タッチ決済に対応しているカードを選ぶのもひとつのポイントです。

スマホ決済で手持ちのスマホやスマートウォッチで支払いができる

クレジットカードで使える決済方法の中には、スマホ決済があります。

スマホ決済とは?

キャッシュレス決済のひとつで、クレジットカードを連携したスマートフォンで支払いをすること。

カードと連携しているため、事前のチャージなどが不要で支払いが可能。

iPhone端末の場合は『Apple Pay』、Android端末の場合は『Google Pay』の名称で導入されています。

スマホ決済を設定すると、スマートフォンの画面に登録したカードが反映されます。

スマートフォンの画面に登録したカード

こういった画面を決済機にかざすだけで、手持ちのスマートフォンやApple Watchなどのスマートウォッチで支払いできるようになります。

支払いのたびに財布からカードを取り出すといった手間がなく、スマートな支払いができるのがメリットです。

スマホ決済を使える場所は、Apple Payの場合では、QUICPay(クイックペイ)に対応しているお店で支払いできます。

JCBやDiners(ダイナース)などの利用できる店舗が限られているブランドでも、QUICPayの対象店舗であれば支払いに使えます。

クレジットカードと電子マネー決済を連携!1.5%以上の還元を狙えるパターンも

一部のクレジットカードでは、そのままカード払いにせずに、1度電子マネーにチャージしてから決済をすると、還元率がアップするカードがあります。

電子マネー決済とは?

QRコードやバーコードの読み取りで、支払いをする決済方法のこと。

現金やクレジットカード、ATMなどからチャージして、チャージした金額内で支払いができます。

SuicaやPASMOといった交通系ICも、電子マネーの一種です。

支払い前にチャージする手間こそ増えますが、ポイント還元を重視したい人には見逃せない小ワザです。

ここからはクレジットカードと電子マネー決済の、便利な組み合わせを紹介していきます。

dカードとd払いでポイントを3重取りできておすすめ

dカードとd払いを組み合わせると、こちらの3つの方法でdポイントを獲得できます。

dカードとd払いでポイントがもらえる条件

条件 もらえるポイント数
① d払いのお支払い方法で
dカードを設定
100円ごとに1ポイント
② d払い+dポイントの対応店で
dポイントカードを提示
100円ごとに1ポイント
③ d払いで決済する 100円ごとに0.5ポイント

すべてを満たしていると、100円の買い物ごとにもらえるポイントは2.5ポイント。

ポイント還元率は2.5%となるため、そのままdカードで支払いするよりもお得な還元率となります。

注意点としては、2番目の条件を満たすための、d払いとdポイントのどちらも対応しているお店が限られていること。

d払いとdポイントが使えるお店の例
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • タワーレコード
  • 高島屋
  • メガネスーパー
  • サツドラ

など

d払いとdポイントの対応店舗は、d払いのアプリをダウンロードしてすぐに探せます。

2番目の条件を満たせない場合でも、ポイント還元率は1.5%と優秀なので、十分d払いを使う価値はあります。

d払いはネットショッピングでの利用がお得!

d払いで貯まるポイントは街のお店で使う場合、100円ごとに0.5ポイントです。

ネットショッピングで使う場合は100円ごとに1ポイントになり、通常より2倍のポイントが還元されます。

d払いを利用できるサイトは数多くあり、中にはAmazonといった大型ショッピングサイトも含まれています。

d払いを使えるネット通販サイト
  • Amazon
  • @cosme SHOPPING
  • ウエルシアドットコム
  • DHCオンラインショップ
  • マックスバリュ東海ネットショップ
  • カインズオンラインショップ
  • 高島屋オンラインストア
  • ABC-MARTオンラインストア
  • WEGO ONLINE STORE
  • JINSオンラインショップ

など

(参照元:dポイントがつかえるネットのお店/サービス – dポイントがたまる・つかえるお店 )

ファッションやコスメ、家電といった幅広いネットショッピングサイトで、d払いを使えるのがわかります。

au PAYカードとau Payでポイントを2重取りできてお得!

au PAYカードとau PAYを組み合わせて使うと、こちらの2つの方法でPontaポイントを獲得できます。

au PAYカードとau PAYでポイントがもらえる条件

条件 もらえるポイント数
① au PAYカードからのau PAY残高チャージ 100円ごとに1ポイント
ゴールドカードの場合+1ポイント
② au PAY残高からの支払い 100円ごとに0.5ポイント

通常のau PAYカードの場合は、100円の買い物ごとにもらえるポイントは1.5ポイント。

au PAYゴールドカードの場合は、100円の買い物ごとに2.5ポイントを獲得でき、ポイント還元率は2.5%にもなります。

au PAYゴールドカードは11,000円(税込)の年会費が発生しますが、au PAY払いの還元で年会費以上のポイントを獲得できます。

おすすめの使い方は、auの携帯料金と電気やガスなどの公共料金を、au PAYゴールドカードでの支払いに切り替えること。

特にauの携帯料金への支払いは、ポイント還元率が最大11%です。

auの携帯料金が毎月9,000円ほどであれば、年会費以上のポイントをもらえます。

携帯料金が毎月6,000円ほどの人も、公共料金の支払いが1万円以上あれば元が取れます。

経済圏とのコンボでポイントの恩恵がさらに大きくなる

クレジットカードでは、発行元の会社が提供しているクレジットカード以外のサービスも併用して、さらにポイント還元率を高められます。

クレジットカードや携帯電話、ネット回線、銀行などの生活に必要なインフラサービスを、1社でまとめて提供していることを『経済圏』と呼びます。

経済圏とは?

企業が自社のサービスを少しでも多くの人に使ってもらえるよう、提供するサービスの利用状況によってポイントを多く還元している制度です。

深く考えずに生活していると、クレジットカードは◯◯カード、銀行は△△銀行のように、バラバラの会社のサービスを使っている人も多くいます。

ここで1社が提供するサービスにまとめると、ポイントをたくさんもらえる可能性があります。

楽天経済圏は楽天市場での還元率最大15倍を目指せる

楽天経済圏では、楽天カードをはじめとした楽天が提供するサービスを使えば使うほど、楽天市場でのポイント倍率がアップします。

すべての条件を満たしていると、楽天市場でのポイント倍率は15倍にまで上がります。

楽天経済圏で提供している、サービスの内容はこちら。

楽天経済圏のサービス提供状況

サービス名 提供状況
クレジットカード
楽天カード
楽天プレミアムカード
携帯キャリア
楽天モバイル
ネット回線
楽天ひかり
銀行
楽天銀行
電子マネー
楽天Edy

クレジットカードや携帯キャリアなどの、生活に必要な基本的なサービスをどれも提供しています。

楽天カードを持っている人は、携帯キャリアやネット回線も楽天に乗り換えて、楽天市場でのポイント還元率を大幅にアップできます。

例えばこちらの組み合わせで楽天のサービスを利用すると、楽天市場でのポイントは7.5倍になります。

SPUの組み合わせ例
  • 楽天会員の登録で1倍
  • 楽天カードの利用で2倍
  • 楽天モバイルの契約で1倍
  • 楽天ひかりの契約で1倍
  • 楽天銀行の引き落とし設定で1倍
  • 楽天証券の利用で1倍
  • 楽天市場アプリでの買い物で0.5倍

→ 合計 7.5倍に!

ポイントが7.5倍になっていると、5万円の買い物で3,750ポイントものポイントが貯まります。

楽天の特徴は、投資の取引ができる『楽天証券』や『楽天ウォレット』といった、幅広いサービスを展開していること。

楽天経済圏は提供サービス数の多さで、最もおすすめできる経済圏となっています。

楽天では数々のサービスを展開していますが、すべてを利用して経済圏の恩恵を最大まで受けようとすると、無駄なサービスまで契約してしまう可能性もあります。

ポイント還元を受けるつもりが、余計に払うお金が多くなってしまうケースも考えられます。
自分が本当に必要としているサービスのみを、契約するように注意しましょう。

au経済圏はauの利用料金が最大10%還元でお得になる

auのポイントアップ制度『お買い物特典プログラム』では、2つの還元特典好きなコースを選べます。

    • au利用料金が最大10%還元
    • ポイントが最大16%還元

携帯料金を少しでも安くしたい、普段のポイント還元を多くしたいなどの、自分に合った還元を受けられるのが特徴です。

au経済圏のサービス提供状況

サービス名 提供状況
クレジットカード
au Payカード
au Payゴールドカード
携帯キャリア
au回線
ネット回線
auひかり
銀行
auじぶん銀行
電子マネー
au Pay

auには銀行やネット回線などの、生活の基盤となるサービスが揃っています。

auで貯まるポイントは『Pontaポイント』で、幅広い店舗で利用できるのがメリットです。

ドコモ経済圏はドコモユーザーがdポイントを効率よく貯められる

ドコモ経済圏は、ドコモの携帯回線を使っている人に特におすすめできます。

サービス名 提供状況
クレジットカード
dカード
dカード GOLD
携帯キャリア
ドコモ回線
ネット回線
ドコモ光
銀行
電子マネー
d払い

特にポイント還元率が大きくなるのは、ドコモケータイとドコモ光の支払い料金をdカード GOLDに設定すること。

1,000円の支払いごとに10%のポイント還元を受けられます。

サービスの幅広さでは楽天と比べて少ない印象ですが、2022年以降には銀行事業を展開すると発表されています。

(参照: 報道発表資料 : NTTドコモと三菱UFJ銀行による、デジタル金融サービス提供に向けた業務提携契約の締結について | お知らせ | NTTドコモ )

今後さらに、使い勝手が良くなる経済圏として注目されています。

PayPay経済圏ではPayPayボーナスやTポイントがもらえる

2021年に発行をスタートしたばかりのクレジットカード『PayPayカード』でも、関連サービスの併用でポイント還元率を上げられます。

サービス名 提供状況
クレジットカード
PayPayカード
携帯キャリア
ソフトバンク回線
ネット回線
ワイモバイル
銀行
PayPay銀行
電子マネー
PayPay

PayPayはYahooが提供するサービスのため、Yahoo!ショッピングやヤフオクなどでのポイント優待があります。

PayPayステップの条件を達成すると、Yahoo!ショッピングでの還元率が最大13.5%までアップ。

普段お店での支払いをPayPayにするだけでなく、ネットショッピングでもポイントの還元を受けられます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる