MENU

パートでもお金を借りる方法はある!収入が安定していればカードローンでも借入可能

パートがお金を借りる

パートで家計を支えつつも、金銭的に余裕がなく借入を検討している人は少なくないでしょう。

融資を受ける方法はたくさんありますが、「正社員でないと借りられない」「アルバイトやパートでは審査に通らない」といったイメージもあります。

パート勤務の人がお金を借りるにはどのような方法があるか、審査基準について詳しくまとめました。

現在パートで借り入れを希望している人は、融資の申し込み前にチェックしておきましょう。

目次

安定した収入があればパートでもお金を借りられる

正社員ではないパート勤務では借り入れできないと思っている人も多いかもしれませんが、結論から述べると、パートでもお金を借りられます。

パートがお金を借りるのにおすすめな方法はカードローンです。

カードローンは正社員でないと借りられないイメージがありますが、雇用形態に制限はありません。

カードローンは限度額の範囲内なら自由に借り入れでき、資金使途も決まっていないため、自分の都合に合わせて必要な時に必要なお金を借りられる利便性が高い融資方法です。

一例として、消費者金融や銀行カードローンの申込条件を見ていきましょう。

アイフルの申込条件

  • 満20歳以上69歳までの方
  • 定期的な収入と返済能力を有する方

引用:商品のご紹介|アイフル

三井住友カード カードローンの申込条件

満20歳以上~69歳以下で安定収入のある方(学生は除く)

引用:三井住友カード カードローン

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の申込条件

  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客さま。
  • 原則安定した収入があるお客さま。

引用:カードローン「バンクイック」の商品詳細

上記を見ると分かるように、申込条件に「正社員である」とは記載されていません。

いずれの申込条件にも、「安定収入がある」と定められています。

安定収入とは、毎月一定額の収入を得られている状態を指し、20歳以上で毎月同じ金額ずつ収入を得ていれば、パートでもカードローンの申込条件をクリアしていると言えます。

消費者金融と銀行カードローンの概要
消費者金融 銀行
借入限度額 1~800万円程度 10~1,000万円程度
パート勤務の借り入れ 可能 可能
金利 3.0~18.0%前後 1.5~14.0%前後
資金使途 自由
※事業資金は除く場合あり
自由
※事業資金は除く
無利息期間 あり なし
担保・保証人 不要 不要

消費者金融や銀行のカードローンなら、担保や保証人なしで借り入れでき、自分名義での契約なら家族に告知されません。

旦那や家族に黙って借りたい人にも向いている借入方法です。

パート主婦でもお金を借りられる即日に対応した消費者金融カードローン

大手、中小含めて様々な消費者金融がある中で、パートが借り入れするなら大手消費者金融がおすすめです。

即日の借り入れに対応しているため、忙しい主婦やパートでも自分の都合で申し込みできます。

どの消費者金融を選ぶべきか迷っている人はぜひ参考にしてください。

パートへの貸し付けに積極的なアイフル

アイフル公式サイト

申込可能年齢 20~69歳
金利 3.0~18.0%
審査時間 最短25分
無利息期間 最大30日間

アイフルは、1日でも勤務していれば借り入れできる利便性の高い消費者金融です。

利用者の割合も公表してくれているため、パートに対しても積極的に融資してくれる傾向があるとわかります。

Web完結型で申し込めるので配偶者にもバレにくく、パート向きの消費者金融と言えるでしょう。

最短15秒で借り入れできるか分かるプロミス

プロミスの公式キャプチャ

申込可能年齢 20~69歳
金利 4.5~17.8%
審査時間 最短30分
無利息期間 最大30日間

収入が低く審査に通るか不安な人は、プロミスの最短15秒審査を利用してみましょう。

20万円以下の借入の場合、必要事項を入力すればその場で事前審査を行ってくれます。

審査に通過できるかの指標となるので、不安な人におすすめです。

また、プロミスでは女性専用のレディースコールも用意しています。

女性のオペレーターが丁寧にサポートしてくれるので、初めての借り入れにもおすすめです。

安定収入があれば好条件で借りられる三井住友カードのカードローン

三井住友カードのカードの公式キャプチャローン

申込可能年齢 20~69歳
金利 1.5~15.0%
審査時間 最短5分
無利息期間

三井住友カードのカードローンは、審査時間最短5分で借り入れできるスピード感が魅力です。

また、他の消費者金融より上限金利が低く、最大15.0%で借り入れできます。

パートだと低金利の銀行カードローンを利用できない場合があります。

パートでも銀行と同じ低金利で利用できるので、三井住友カードのカードローンは大きなメリットです。

なるべく低金利で、素早く借り入れしたい人に向いています。

※最短5分発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円でのお申込みとなります。
※最短5分発行 受付時間:9:00~19:30

消費者金融ならパートでも即日融資に対応している

消費者金融は収入が安定していればどんな雇用形態でも申し込みができ、パートでも即日融資に対応しています。

一例として、大手消費者金融がパート勤務の人をどのように扱っているか確認してみましょう。

パート・アルバイト・派遣社員・契約社員でも契約は可能ですか?
現在お仕事をされている方であれば、お申込みいただけます。

キャッシングローンの場合、
満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。

引用:よくあるご質問|アイフル

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、審査のうえご契約いただけます。
また、現在お仕事をされている場合、主婦や学生の方も、審査のうえご契約いただけます。

引用:お申込について|プロミス

消費者金融では「パートでも借り入れできる」と明記されているので、申し込みをためらわなくてOKです。

また、アイフルでは職業別の借入割合を公表しています。

アイフルの職業別割合
引用:アイフル

正社員が圧倒的に多く約62%を占めていますが、次に多いのがパート・アルバイトです。

アイフルを利用している人のうち、約22%はアルバイトまたはパート勤務。

申し込みできるだけでなく、実際に借り入れまでできている実績があるのは嬉しいポイントです。

パートが借りられる限度額は10~30万円が目安

カードローンは最大800~1,000万円までを限度額として設定していますが、全員が最大金額まで借りられるわけではありません。

パートが借りられる限度額は、およそ10~30万円程度が目安です。

借入限度額が低めに制限されるのは、総量規制が影響しているため。

総量規制とは、一度に借り入れできる金額を年収の3分の1までとする法律です。

一度に借りられる金額を制限し、個人の返済能力を超えた借り入れにならないよう調整しています。

総量規制は貸金業法の一部なので、銀行法を基準としている銀行カードローンは対象外です。

しかし、銀行カードローンは以前より返済能力を超えた貸し付けが問題視されており、貸付金額を自主的に制限しています。

総量規制対象外の銀行カードローンも、総量規制を基準に融資金額を定めている場合が多く、例えば年収が90万円の場合、最大で30万円しか借り入れできません。

ただし、総量規制ギリギリまで融資枠を設定するケースは少ないです。

あくまで返済できる範囲内の借り入れとなるよう、総量規制の上限から少し低くされます。

上記のように年収90万円で総量規制での限度額が30万円の場合、10~20万円程度が妥当です。

厚生労働省の毎月勤労統計調査によると、パートで勤務している人の年収は平均約116万円です。

116万円の3分の1は約38万円なので、20万円前後が限度額の目安となります。

パート勤務の人が借り入れできる限度額は個人によって違うので、自分の年収と照らし合わせて確認しておきましょう。

扶養範囲内で働いている人は10万ほどしか借りられない

パート勤務している人の多くは、扶養範囲内となるよう収入を調整しています。

いわゆる「103万円の壁」と呼ばれるもので、年収が103万円以下であれば税収が控除される制度です。

扶養範囲内で働いている人は、カードローンの審査に通っても10万円ほどしか借りられない可能性が高いでしょう。

先程も紹介した通り、カードローンは総量規制を基準に融資金額を決めているため、扶養範囲内で働いている場合、収入は最大でも103万円。

103万円の3分の1は約34万円なので、最大34万円までしか借り入れできません。

しかし総量規制ギリギリまで融資してくれる金融機関は少ないので、10万円前後だと考えておくのが妥当でしょう。

特に、初めてカードローンを利用する人は限度額が低くなる傾向です。

借り入れや返済といった金融関係の情報が記録されておらず、本当に返済できるか明確に判断しにくいからです。

パートで働いている人が消費者金融を利用するメリット

消費者金融にあまりいいイメージを抱いていない人も少なくないでしょう。

金利が高いため、長期間の借り入れや高額融資はあまりおすすめできませんが、メリットも多い借入方法です。

パート勤務の人が消費者金融を利用するメリットを詳しくまとめました。

パートの人が消費者金融を利用するメリット

  • 即日融資できる
  • 安定収入があれば年収は問われない
  • 勤務開始すぐでも借りられる
  • 無利息期間がある
即日融資に対応している

消費者金融カードローンは即日融資に対応しており、融資は最短25分としているところも多いです。

即日融資してもらうための条件は決められておらず、パートでも審査が滞らなければ当日中に融資を受けられます。

審査終了時刻(21時)の2時間前までを目安に申し込めば、即日融資可能です。

パートで勤務している人は、子ども関係の出費や生活費といった様々な要因で急にお金が必要になります。

現在、消費者金融以外で即日融資に対応しているサービスはほとんどありません。

どんな目的でもすぐに対応してくれるので、とにかく急いで融資を受けたい人におすすめです。

安定収入があれば年収は問われない

消費者金融の申込条件をチェックすると、具体的な年収の指定はありません。

先ほど紹介した教育ローンのように、「年収200万円以上ないと借りられない」といった基準はないので、パートの人でも問題なく借入可能です。

消費者金融の審査で見られるのはあくまで、収入が安定しているかどうかです。

毎月同じ金額ずつ収入があれば、金額は問われません。

1~2万円のみでも、毎月必ず収入があれば「安定収入がある」と判断されます。

扶養の範囲内で働く関係で、月収10万円以下の人も少なくないでしょう。

月収が少なくても、毎月収入を得ている人は自信を持って申し込んでください。

無理のない範囲で返済できると判断してもらえれば、パートでも借りられます。

勤務開始すぐでも借りられる

一般的にカードローンは、勤続年数が長いほど審査で有利になると言われています。

同じ職場で働いている時間が長いと、その分収入が安定しやすいと判断できるからです。

消費者金融では、申込時に勤続年数の長さを指定していません。

消費者金融としては収入が安定しており、返済が滞らなければ問題ないので、勤続年数が短くても融資してくれる傾向にあります。

大手消費者金融における働き初めの扱いについて独自で問い合わせをしたところ、以下のような回答がありました。

大手消費者金融 働き初めの借り入れ
アイフル 1日でも勤務していれば可能
プロミス 1日でも勤務していれば可能
アコム 1ヶ月以上勤務していることが望ましい
SMBCモビット 1ヶ月以上勤務していることが望ましい

アイフルとプロミスは勤務開始直後でも利用可能。

アコムとSMBCモビットは、1ヶ月ほど勤務すれば審査してもらえると分かりました。

いずれにしても職場を変えたばかりの人や、働き始めたばかりの人でも利用できます。

勤続年数がネックで申し込みをためらっていた人も、1回申し込んでみるといいでしょう。

無利息期間がある

消費者金融では金利が高い代わりに、利息なしで利用できる無利息期間を設けています。

無利息期間内に返済できれば一切利息を支払わず借り入れできるので、非常に大きなメリットです。

特に少額、短期間での借り入れを予定している人は、ほぼ利息を支払わず借りられる可能性が高いでしょう。

金利が低くても無利息期間がない銀行カードローンを利用するより、結果的に安くなる場合もあります。

パートでも高額融資が望める銀行カードローンは審査に通りにくい

消費者金融より低金利で高額融資を希望するなら、銀行カードローンが向いています。

銀行カードローンも消費者金融と同じく、申込条件に雇用形態は記載されていません。

安定収入さえあればどのような雇用形態でも申し込めるので、パートでも問題なく利用できるでしょう。

各銀行カードローンでは、以下のようにパート勤務の扱いについて表記しています。

専業主婦・主夫、学生、無職ですがカードローンを申込みできますか?

恐れ入りますが、ご利用いただけません。

※継続安定した収入があればパート・アルバイトの方もお申込みいただけます。ただし、学生の方は、アルバイト等で継続安定した収入があってもご利用いただけません。

引用:りそな銀行

パート・アルバイトは申し込みできますか?

原則安定した収入がある方であれば、お申込可能です。

引用:カードローン「バンクイック」のよくあるご質問

消費者金融同様に「パートでも借りられる」と明記している場合が多いです。

申し込み自体はパートでも可能なので、収入が安定している人は挑戦してみてもいいでしょう。

ただし、銀行カードローンは審査基準が厳しく設定されており、審査通過率が低いと言われています。

借りたお金を返せない「貸し倒れ」の状態を防ぐため、返済能力が高い利用者にしか貸し付けしない傾向です。

収入が安定している正社員でも審査に落ちる可能性があるので、パートの人は審査通過が難しいでしょう。

金利が低く高額融資に対応してくれますが、あまり期待はできません。

パート主婦が銀行カードローンの審査に通りにくいのはなぜ?

パートの人が銀行カードローンの審査に通りにくい理由は、いくつか考えられます。

審査基準を公表しているわけではないですが、考えられる原因は以下の通りです。

  • 総量規制に準じて審査しているから
  • 年収が低すぎるから
  • 電話での在籍確認が難しいから
総量規制に準じて審査しているから

銀行カードローンは銀行法に準じてサービスを行っているため、貸金業法である総量規制の対象外です。

しかし、銀行カードローンは貸し倒れのリスクを避けたがる傾向にあります。

返済能力を超えて貸しすぎないよう、総量規制を基準に限度額を決めています。

総量規制は年収の3分の1までしか借りられない法律です。

パートだと年収が低く、返済能力が不足していると判断されやすいでしょう。

総量規制対象外の貸し付けとはいえ、年収があまり高くないパートが審査に通るのは簡単でないと言えます。

年収が低すぎるから

銀行カードローンは基本的に、10万円からしか借り入れできません。

消費者金融は1万円から、1万円単位で限度額を決めます。

それに対し銀行は10万円から10万円単位で決められます。

銀行カードローンも総量規制を意識して審査していると考えた場合、年収30万円以下の人は審査に通らない可能性が高いです。

最低でも10万円の限度額で審査通過する必要があるので、年収50万円以上あるのが理想。

フルタイムではなく、お小遣い稼ぎ程度にパートで働いている人では、銀行カードローンの融資は難しいでしょう。

電話での在籍確認が難しい

パートやアルバイトはすぐに職場を変えやすいので、原則電話での在籍確認が求められます。

しかしレジ打ちや接客業だと、自分で電話に出るのが難しいでしょう。

電話での在籍確認ができない人は審査が滞り、最悪審査落ちとなる可能性があります。

消費者金融なら書類での在籍確認に変更できますが、銀行は電話以外認められない場合も多いです。

パートは電話で在籍確認しにくいので、銀行カードローンにあまり向いていません。

パートでも銀行カードローンを利用できる人の特徴

審査通過が難しいとはいえ、パートだと必ず審査落ちするわけではありません。

パートで働いていても、正社員と同等の返済能力があれば融資が認められます。

具体的に、どのような条件が揃っていれば銀行カードローンを利用できるのかまとめました。

  • 最低でも年収が50万円以上ある
  • フルタイムで働いている
  • 勤続年数が半年以上で安定している
最低でも年収が50万円以上ある

先程も説明した通り、銀行カードローンの最低貸付金額は10万円からです。

返済能力を踏まえ、限度額10万円に満たない場合は審査に通りません。

限度額10万円で借り入れするなら、年数は最低でも50万円以上あるといいでしょう。

毎月4~5万円ほど稼いでいれば、年収50万円に到達します。

フルタイムで働いている

パートとして勤務している人の中でも、フルタイム勤務の人は審査で有利になる可能性があります。

フルタイム勤務していると、正社員または契約社員と同じくらいの年収になる人も多いです。

一例として、フルタイムで働いている人の年収を算出してみましょう。

時給:1,000円
勤務時間:8時間×週5日=40時間
月収:40時間×1,000円×4週=16万円
年収:16万円×12ヶ月=192万円

年収192万円だと、収入も高く安定していると判断されやすいです。

扶養内で働いている人の倍近く収入があるため、銀行カードローンの審査も通過しやすくなる可能性があります。

勤続年数が半年以上で安定している

勤続年数が長いと、収入が安定していると判断されやすいです。

消費者金融は勤続年数を重視しない傾向ですが、銀行カードローンはながければ長いほど高評価。

特に仕事を辞めやすいパート勤務において、同じ職場で長く勤務している人は、働いて稼ぐ意志があると考えてもらえます。

パートで融資を受けたいなら、できる限り勤続年数を長くしておくといいでしょう。

銀行カードローンで融資を受けるなら、半年~1年以上は勤続していると評価してもらえる傾向です。

パートの収入でも住宅ローンや教育ローンに通るの?

借り入れにはカードローンの他に、資金使途が決まった目的別ローンもあります。

目的別ローンとはお金の使い道が決まっている代わりに、カードローンと比較して低金利で借り入れできるシステムです。

融資は一度きりで、カードローンのように自由な借り入れはできませんが、返済時の負担を減らせるローン。

住宅ローンやマイカーローン、教育ローンと言った商品が目的別ローンに該当します。

目的別ローンは一度に借り入れできる金額が非常に高額となるため、申込条件もカードローンより厳しめです。

目的別ローンも雇用形態は問わないため、申込条件をクリアしていればパートでも申し込みできます。

しかし、ローンによっては前年度の年収を指定している場合があるので注意が必要です。

以下の条件をすべて満たされる方

  • 教育を受ける方のご両親のいずれかまたはご本人さまで、お申込時満20歳以上、満65歳以下の方
  • 前年度税込年収が200万円以上(個人事業主の方は所得金額)で、現在安定した収入のある方(年金収入のみの方はご利用いただけません)
  • 当行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
  • ご契約時に当行(ローン契約機)にご来店いただける方
  • 日本国内在住の方

引用:教育ローン|三井住友銀行

上記は三井住友銀行教育ローンの申込条件です。

雇用形態に制限はありませんが、「前年度の年収が200万円以上」と定められています。

パート勤務で年収200万円以上稼げている人は、あまり多くないでしょう。

パートだから借りられないのではなく、「申込条件をクリアできていない」または「返済能力が不安視されている」と考えるべきです。

パート勤務でローンを組みたい人は、自分でもクリアできる申込条件のローンを探しましょう。

パート主婦がお金を借りるなら配偶者貸付の利用も検討する

パート主婦がお金を借りる際、自分の収入だけで審査に通らない場合は、配偶者貸付の利用を検討しましょう。

配偶者貸付とは、自分の年収と配偶者の年収を合計した金額のうち、3分の1まで借りられる制度です。

配偶者貸付の例

自分(パート):年収60万円
配偶者:年収400万円
合計:60万円+400万円=460万円

上記の場合、460万円の3分の1である153万円まで借り入れできます。

パートとしての収入が少なくても、配偶者の年収と合わせれば希望の金額を借りられる人も多いでしょう。

配偶者との関係を証明できる書類があれば誰でも申し込めるので、収入が低いパートにおすすめです。

配偶者の同意が必要なので内緒で借りられない

配偶者貸付は非常に便利な制度ですが、大きなデメリットもあります。

配偶者貸付を利用する場合、配偶者の同意書を提出しなければなりません。

契約内容を確認してサインをもらわなければならないので、借り入れすると配偶者にバレてしまいます。

配偶者と話し合った上で利用する人は問題ありませんが、内緒で借りたい人は注意しましょう。

同意書を提出できれば、配偶者宛に連絡は行きません。

とはいえ、配偶者のふりをして同意書を作成すると、書類偽装で規約違反となる可能性が高いのでやめましょう。

配偶者貸付を利用するなら、融資を受けると配偶者に説明した上で、契約内容に同意してもらってください。

配偶者貸付が利用できる女性向けのベルーナノーティスがおすすめ

ベルーナノーティス

金利 4.5~18.0%
借入限度額 300万円
審査時間 最短即日
無利息期間 14日間

配偶者貸付を利用するなら、女性向けのカードローン「ベルーナノーティス」がおすすめです。

女性が利用しやすいよう女性向けにサービスが特化しており、初めて借りる人でもしっかりレポートしてもらえます。

配偶者貸付に対応しているので、申込時に「配偶者貸付を使いたい」と言えばスムーズに手続き可能です。

借り入れのたびに無利息期間が付帯するのも、ベルーナノーティスの大きなメリットです。

パートで働いている人がカードローンの審査に通るためのポイント

ここからは、パートとして働いている人が審査に通るためにチェックしておくべきポイントをご紹介します。

  • パートでも年収100万円以上あると評価される可能性がある
  • 他社借入や返済遅延がある人はできる限り返済しておく
  • 一度に複数社申し込むと審査で不利になる

各金融期間は、カードローンの審査基準を公開していません。

そのため、「この基準をクリアしていれば必ず審査に通る」といった明確な基準はありません。

しかし、審査時に重視されるポイントがいくつかあるので、できる限り対応しておきましょう。

パートでも年収100万円以上あると評価される可能性がある

消費者金融や銀行カードローンでは、申込時に年収の指定がありません。

基本的に毎月の収入が安定していれば申し込みできますが、年収が高いと審査で高く評価される傾向です。

しかし、年収が高いとその分働く意志があり、収入能力があると判断されます。

目安として、年収100万円以上ある人は審査で前向きに評価してもらえます。

パートだと扶養内にするため、あえて稼ぎすぎないように調整している人も多いでしょう。

扶養内ギリギリでも100万円は稼げるので、できるだけまとまった融資を受けたい人は年収100万円を目指してください。

必ず審査に通るわけではないですが、高ければ高いほど審査で良い影響を及ぼします。

他社借入や返済遅延がある人はできる限り返済しておく

融資を受ける際、審査時に必ず信用情報をチェックされます。

信用情報とは、金融に関するこれまでの履歴が記録された情報です。

CICJICCといった信用情報機関で管理され、ローン会社や金融機関は信用情報機関に照会して確認します。

信用情報に記録されている内容は主に以下の通りです。

  • 現在の借入状況
  • 過去の返済遅延、延滞
  • 自己破産や債務整理等の金融事故

現在他社借入がある人は、新しく借り入れして問題ないか、借入金額や利用期間を細かくチェックされます。

また、過去返済遅延がないかも重視される傾向です。

返済が遅れた記録が残っていると、「返済意思がない」と判断されてしまうので審査でマイナスに働きます。

現在借り入れがある人は、なるべく返済を進めて返済意志があると判断してもらいましょう。

また、返済にはスマホの分割料金、クレジットカードの支払いといった借り入れ以外の内容も含まれます。

借り入れ以外の取引で返済遅延がなかったかについても確認しておきましょう。

パート主婦が自分名義で借りるなら旦那の信用情報は影響しない

パートとして働いている主婦が自分名義で借り入れするなら、旦那の信用情報は影響しません。

あくまでパート主婦個人の契約なので、夫婦関係にあっても信用情報は別物として扱われます。

自分の借り入れは旦那の信用情報に記録されないので、黙って借り入れしたい人も問題ないでしょう。

旦那の信用情報に傷があり、ブラックリストに入っていても、主婦個人の名義なら影響しません。

旦那名義で借りれない人は、自分の名義で借りられる方法を選んでください。

ただし、配偶者貸付を利用する場合は旦那の信用情報がチェックされます。

配偶者貸付で借り入れする人は、自分と旦那の信用情報、どちらも確認しておきましょう。

一度に複数社申し込むと審査で不利になる

どうしてもお金に困っており、焦りから何社もカードローンに申し込んでしまう人は少なくありません。

一度に何社も申し込むと、「お金に困っている」と判断され、返済能力がないと見られてしまいます。

本来通過するはずだった審査にも通りにくくなってしまうため、一度に何社も申し込むのは控えてください。

一度に申し込んでもいいとされている数は3社までですが、パートは返済能力が低く見られがちです。

審査に落ちやすくなってしまうので、パートの人は申し込むカードローンを1社に絞ってください。

パート主婦が旦那にバレないでお金を借りるには?

中には、家族や配偶者にバレないよう借り入れしたい人も多いでしょう。

基本的に、借り入れの情報は個人情報保護の観点から、第三者に告知されません。

パート主婦がカードローンに申し込んだからと言って、家族や旦那に連絡は行きません。

しかし、ちょっとした不注意で借り入れがバレてしまうケースもあります。

パートとして働いており、家を空ける時間も多い人はなおさら注意が必要です。

ここからは、家族にバレないよう借り入れするポイントをご紹介します。

郵送物が届かないWeb完結型のカードローンに申し込む

家族に借り入れがバレてしまう大きな原因は、郵送物です。

カードローン会社からの書類が家に届き、見られてしまうとすぐに借り入れがバレてしまいます。

パートは家にいない時間も多いため、郵送物を完璧に管理するのは難しいでしょう。

郵送物がきっかけで借り入れがバレないよう、郵送物なしのカードローンを選んでください。

Webから申し込み、「Web完結型」を選んで申し込みすると、契約書や明細書が家に届きません。

すべてスマホアプリやWebサイトでの管理になるので、見られる確率をかなり下げられます。

カードレスで利用できるローンにする

郵送物と並んで注意しなければならないのが、ローンカードです。

ATMから借り入れする際、ローンカードを使う場合があります。

ローンカードは基本郵送で受け取るので、郵送物を避けられません。

また、財布に入れているカードが見つかると、その場で借り入れがバレてしまいます。

できるだけ家族にバレないためには、カードなしで利用できるカードレスでの申し込みを行いましょう。

カードレスで契約すれば、スマホアプリのみで借り入れできます。

カードが郵送されたり、カードを保管したりする必要がないので、家族や旦那にもバレにくいでしょう。

どうしてもローンカードを使って取引したい人は、カードの受取を郵送ではなく自動契約機にしてください。

契約機に入るところを見られなければ、家族に気付かれずこっそりカードを受け取れます。

借入や返済の履歴が記帳される通帳の管理に気をつける

振込での借り入れ、引き落としでの返済を行う場合、通帳の管理に気をつけてください。

口座を通した取引の場合、通帳に履歴が残ってしまいます。

高額なお金のやり取りが不自然に記帳されてしまうので、借り入れを疑われてしまう可能性が高いです。

夫婦がどちらも確認できる口座での利用は避け、個人名義の通帳も見つからない場所に隠しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる